【完全決定版】最速でダイエットを成功するための停滞期の乗り越え方

diet-plateau-overcome-success
Pocket
LINEで送る

どれだけダイエットが順調に進んでいても、必ず停滞期は訪れる。

あなたも今、「体重が落ちない」と悩んでいるのだろう。

ダイエットを成功させるためには、必ず停滞期を乗り越えなくてはいけない。

しかし、停滞期中に、ダイエットを辞めてしまう人が多い。

なぜなら、最長45日間も体重が落ちないからだ。長い期間、結果が数字に現れないため、心が折れてしまうのだ。

そこで、本日は短期間で停滞期を乗り越える方法を紹介する。

ぜひ、今日から取り入れて、最速でダイエットを成功させてほしい。

目次

1.何も対策しなかったときのダイエット停滞期の期間

何も対策しなかったときのダイエット停滞期の期間を見てほしい。

   日数    人数(合計56人)
0〜7日間 1人
8〜14日間 8人
14〜21日間 29人
22〜28日間 11人
29〜35日間 4人
36〜42日間 1人
43日間以上 2人

上表の通り、停滞期を乗り越えるのに、半分以上の人は14〜21日間、長い人は43日間以上もかかっているのだ。

停滞期の期間を短縮すれば、その分ダイエットに成功するまでの期間は短縮する。つまり、最速でダイエットを成功するには、最速で停滞期を乗り越えなくてはいけないのだ。

※ 上表はDiellが独自に集めたアンケートの結果である。

2.最速でダイエット停滞期を乗り越えるには

最速で停滞期を乗り越えるには、下記の2つを同時におこなう。

  • 4つの原因別のダイエット停滞期の乗り越え方
  • 停滞期の乗り越え方の効果を最大化させるために絶対やるべき2つのこと

原因に停滞期の乗り越え方をおこなうことで、早く停滞期を乗り越えることができる。そして、絶対やるべき2つのことを実践することで、乗り越え方の効果が最大化する。

そのため、上記2つを同時におこなうと、最速で停滞期を乗り越えることができるのだ。

原因別におこなうと早く停滞期を乗り越えられる理由

停滞期が生じる理由は下記の4つだ。

  • 体内水分量の保持
  • 基礎代謝の低下
  • 飢餓状態
  • 生理周期

例えば、「基礎代謝の低下」が原因で停滞期が生じているのであれば、基礎代謝を上げる方法をおこなうことで、停滞期を乗り越えられる。

しかし、「生理周期」が原因であれば、基礎代謝を上げる方法をおこなって、停滞期を乗り越えられるだろうか?

おそらく無理だろう。

このように、停滞期が生じている原因に応じて、効果的な停滞期を乗り越える方法が違うのだ。

効果的な方法をおこなえば、早く効果が出るのは当然だ。

そのため、原因別に停滞期を乗り越える方法をおこなうことで、早く停滞期を乗り越えることができるのだ。

絶対やるべき2つのことを実践すると効果が最大化する理由

絶対やるべき2つのこととは、モチベーションを上げるための具体的な手段だ。

モチベーションを上げることで、停滞期の乗り越え方の効果は最大化する。

モチベーションと成果は一心同体だ。

モチベーションが上がれば、出る成果も良くなる。一方で、モチベーションが下がると、出る成果は悪くなる。

仕事に対するモチベーションが最も高かったときのことを思い出して欲しい。

そのとき、今までで一番良い成果が出たのではないだろうか?

このように、モチベーションが上がると、成果が良くなるのだ。

そのため、絶対やるべき2つのことをおこなうと、停滞期を乗り越える方法の効果が最大化するのだ。

以上のことから、「原因別の停滞期の乗り越え方」と「絶対やるべき2つのこと」をおこなうと、最速で停滞期を乗り越えられるのだ。

3.ダイエット停滞期が生じる4つの原因

ダイエット停滞期が生じる原因は下記の4つだ。

  • 体内水分量の上昇
  • 基礎代謝の低下
  • 飢餓状態
  • 生理周期

なぜ上記4つの原因で停滞期が生じるのか、また、なぜ上記4つの原因が生じるのか説明していく。

原因1:体内水分量の上昇

人間の体はストレスを長期間与えられると、体内水分量を上昇させるホルモンを分泌する。

体内水分量を上昇させるホルモンの分泌が始まると、どれだけダイエットをしても、その分体内水分量が上昇してしまって、体重が落ちなくなる。

ダイエットは、「消費カロリー>摂取カロリー」にして、体重を落とす。いわば、常にストレスを与え続ける行為なのだ。

そのため、ダイエット開始から1〜2ヶ月後に、体内水分量を上昇させるホルモンの分泌が始まって、体重が落ちなくなるのだ(これを停滞期という)。

原因2:基礎代謝の低下

適量のタンパク質を摂取しながらダイエットをしないと、筋肉が落ちる。

そして、筋肉が落ちると、基礎代謝が低下して、消費カロリーが落ちるのだ。

先ほども申し上げた通り、「消費カロリー>摂取カロリー」となったとき、体重は落ちる。

以前までは体重が落ちていたダイエットメニューでも、基礎代謝が低下すると、「摂取カロリー>消費カロリー」または「摂取カロリー=消費カロリー」となってしまって、体重が落ちなくなるのだ。

基礎代謝とは、生命維持をするのに最低限必要なエネルギーだ。筋肉量が増えるほど、筋肉を維持するためのエネルギーが必要になるため、基礎代謝は上がる。ダイエットナビさんの「基礎代謝とは」で分かりやすく説明されているので、ぜひ参考にしてほしい。

原因3:飢餓状態

過度なダイエットをすると、体が餓死すると勘違いして、飢餓状態に陥る。

飢餓状態とは、餓死しないために栄養を極力使わない状態だ。下記の2つをおこなって、体は栄養を確保しようとする。

  • 脂肪を溜め込みやすくする
  • 脂肪を燃焼しにくくする

上記2つが起きることで、体重が落ちなくなるのだ。

原因4:生理周期

生理3日前〜生理中の間は、脂肪の吸収効率を上げるホルモンが大量に分泌される。そして、脂肪の吸収効率を上げるホルモンが大量に分泌されると、食事から効率的に脂肪を吸収してしまう。

そのため、今まで体重が落ちていたダイエットメニューをおこなっても、生理3日前〜生理中は、体重が落ちなくなるのだ。

※ 脂肪の吸収効率を上げるホルモンとは、エストロゲンという女性ホルモンである。簡単に言えば、エストロゲンとは、出産に備えるためのホルモンだ。万全に出産に臨めるように、脂肪を蓄えようとするのだ。命の母の「エストロゲンとは」で詳しく説明されているので、興味があるのであれば、参考にしてほしい。

4.ダイエット停滞期が生じた4つの原因の見分け方

ダイエット停滞期が生じた原因を見分けるのは、非常に簡単だ。

それぞれの原因ごとに、特有の症状が現れる。

あなたの体にどの症状が現れているのか確認して、停滞期が生じた原因を見分けてほしい。

注.原因が2つ以上見つかることもある。その場合は、現れている症状の強さ順に原因を順位づけしてほしい。

見分け方1:体内水分量の上昇の簡単な見分け方

体内水分量が上昇するということは、体内に水分が溜まるということだ。そのため、体内水分量が上昇すると、体がむくむ。

つまり、体内水分量が上昇しているのか見分けるには、あなたの体が現在むくんでいないか確認すればいいのだ。

むくみの簡単な見分け方

体がむくんでいるか見分けるのは非常に簡単だ。

太ももや二の腕といった脂肪がついているところを指で押せば、一瞬でむくんでいるのか見分けられる。

むくんでいなければ、指で押したとき、指を離すのと同時に皮膚が戻る。一方で、むくんでいるのであれば、指を離した後に、皮膚が遅れて戻るのだ。

皮膚が遅れて戻るのであれば、停滞期が生じた原因は「体内水分量の上昇」だ。しかし、皮膚が指と一緒に戻るのであれば、その他3つの原因で停滞期は生じている。

見分け方2:基礎代謝の低下の簡単な見分け方

基礎代謝が低下すると、エネルギーが燃焼しなくなるため、著しく体温が低下する。最低でも0.3度は低下するのだ。

そのため、基礎代謝が低下しているのか見分けるには、停滞期前よりも体温が0.3度以上低下していないか確認すればいいのだ。

重要:体温の比べ方

体温が下がっているか確認するときは、生理周期が同時期の平熱と現在の体温を比較してほしい。

なぜならば、生理周期で体温が変動するからだ。

生理周期が同時期の体温と現在の体温を比較しないと、体温の条件が違ってしまうので、本当に体温が低下しているのかが分からないのだ。

そのため、体温が下がっているか確認するときは、生理周期が同時期の平熱と比較してほしい。そうすることで、本当に体温が低下しているのか分かる。

もし、生理周期が同時期の平熱と比較して、現在の体温が0.3度以上下がっていれば、停滞期が生じた原因は「基礎代謝の低下」だ。一方で、下がった体温が0.3度未満であれば、その他3つの原因で停滞期が生じている。

見分け方3:飢餓状態の簡単な見分け方

「3.ダイエット停滞期が生じる4つの原因|原因3:飢餓状態」で述べた通り、過度なダイエットをすると、飢餓状態に陥る。

そのため、飢餓状態かどうか見分けるには、過度なダイエットをしていたかを見分ければいいのだ。

過度なダイエットとは、下記の2つの条件を満たすダイエットだ。

  • 1週間で体重の5%以上を落とす
  • 摂取カロリーが基礎代謝の50%未満

上記2つの条件を満たすダイエットをしていた場合、停滞期が生じた原因は飢餓状態だ。一方で、上記2つの条件を満たさないダイエットをしていたのであれば、停滞期が生じた原因はその他3つだ。

基礎代謝の計算式
「基礎代謝=665+9.6×体重(kg)+1.7×身長(cm)−7.0×年齢」

見分け方4:生理周期の簡単な見分け方

「3.ダイエット停滞期が生じる4つの原因|原因4:生理周期」で述べた通り、生理3日前〜生理中は、停滞期が生じる。

そのため、生理周期が原因で停滞期が生じているのか見分けるには、「生理3日前〜生理中」ではないか確認すればいいのだ。

現在、「生理3日前〜生理中」なのであれば、停滞期が生じた原因は生理周期だ。一方で、「生理3日前〜生理中」以外であれば、その他3つの原因で停滞期が生じている。

5.最速でダイエット停滞期を乗り越えるために絶対やるべき2つのこと

絶対やるべき2つのこととは、モチベーションを上げるための具体的な手段だ。

モチベーションを上げることで、「6.【4つの原因別】ダイエット停滞期の乗り越え方」で説明する停滞期の乗り越え方の効果が最大化する。

その結果、停滞期を最速で乗り越えられるようになるのだ。

やるべきこと1:目標を立てる

目標を立てると、モチベーションが高くなる。

「年末に海外旅行に行く」「夏休みは沖縄に行く」といった遊びの目標でも良いので、今までに立てた目標を思い出してみてほしい。

目標を立てた後、仕事に対するモチベーションが上がったのではないだろうか?

このように目標を立てると、モチベーションが高くなるのだ。

停滞期を乗り越える時も同様で、ダイエットの目標を立てていれば、停滞期中もモチベーションを上げることができるのだ。

モチベーションが上がる目標とは

モチベーションが上がる目標とは、具体的な目標のことだ

あなたが下記の2つの目標を立てたとして、モチベーションが上がるのはどちらか考えてみてほしい。

  • いずれ海外旅行に行きたい
  • 年末年始はハワイに行く

おそらく、「年末年始はハワイに行く」という目標を立てた方がモチベーションは上がっただろう。

このように、目標が具体的な方が、モチベーションは上がるのだ。

したがって、モチベーションが上がる目標とは、具体的な目標のことなのだ。

ダイエットで効果的な目標の立て方

ダイエットで効果的な目標の立て方は、下記の3つを決めることだ。

  • 期限(◯月◯日まで)
  • 目標体重(◯kgになる)
  • なりたい体(女優のAさんのような体)

上記3つを決めると、ダイエットの目標が具体的になって、モチベーションが上がるのだ。

ぜひ、上記3つを決めて、具体的なダイエットの目標を立ててほしい。そうすることで、停滞期を乗り越えるためのモチベーションが上がる。

※ ダイエットで効果的な目標設定の詳しいやり方は、後日記事にする。それまで楽しみにしていてほしい。

やるべきこと2:ご褒美を決める

停滞期を乗り越えたときのご褒美を決めることで、モチベーションが上がる。

一度思い返してみてほしい。

仕事終わりに仲の良い友人との食事の約束が入っていたら、その日の仕事のモチベーションが上がったのではないだろうか?

このように、ご褒美を決めると、人間はモチベーションが上がる。

そのため、停滞期を乗り越えたときのご褒美を決めることで、モチベーションが上がるのだ。

ぜひ、ご褒美を決めて、停滞期を乗り越えるためのモチベーションを上げてほしい。

6.【4つの原因別】ダイエット停滞期の乗り越え方

停滞期が生じる原因は下記の4つだ。

  • 体内水分量の上昇
  • 基礎代謝の低下
  • 飢餓状態
  • 生理周期

「5.最速で停滞期を乗り越えるために絶対やるべき2つのこと」で述べた絶対やるべき2つのことをおこなった上で、原因別の乗り越え方をおこなうと、最速で停滞期を乗り越えられる。

ぜひ実践して、最速で停滞期を乗り越えてほしい。そして、最速でダイエットを成功させてほしい。

重要:
原因が2つ以上あった場合は、当てはまった原因の乗り越え方を全てやってほしい。そうすることで、最速で停滞期を乗り越えられる。

体内水分量の上昇が原因のダイエット停滞期の乗り越え方

ストレス発散することで、体内水分量の上昇が原因の停滞期を乗り越えられる。

「3.ダイエット停滞期が生じる4つの原因|原因1:体内水分量の上昇」で述べた通り、長期間ストレスを感じると、体内水分量が上昇して、停滞期が生じる。

言い換えれば、ストレスを発散すると、体内水分量が正常に戻って、体重は再び落ち始める。

そのため、ストレスを発散すると、停滞期を乗り越えられるのだ。

「温泉」や「好きな人とのデート」なんでもいい。とにかくストレス発散をしてほしい。

そうすることで、体内水分量の上昇が原因の停滞期を乗り越えられる。

体内水分量の上昇が原因の停滞期を早く乗り越えるためのポイント

体内水分量の上昇が原因の停滞期を早く乗り越えるためのポイントは、今までと同じダイエットを続けることだ。

体内水分量の上昇が原因の停滞期は、ダイエットで脂肪が燃焼しているのに、その分体内水分が増えて、体重が落ちなくなっている。

言い換えれば、ダイエットを続けていれば、体重は落ちないが、脂肪は落ち続けるのだ。

あなたが今、停滞期に陥っているということは、順調に体重が落ちてきたということだ。今まで効果的なダイエットをやってきた証なのである。

効果的なダイエットをすれば、その分落ちる脂肪量も多い。

停滞期中も、今までと同じダイエットをし続ければ、効率よく脂肪は落ち続けるのだ。

そして、効率よく脂肪を落とし続けていると、ストレス発散によって、体内水分量が正常に戻り始めた瞬間から、体重が一気に落ち始める。

そのため、今までと同じダイエットを続けていると、体内水分量の上昇が原因の停滞期を早く乗り越えられるのだ。

基礎代謝の低下が原因のダイエット停滞期の乗り越え方

タンパク質を摂取することで、基礎代謝が原因の停滞期を乗り越えられる。

「3.ダイエット停滞期が生じる4つの原因|原因1:基礎代謝の低下」で述べた通り、適量のタンパク質を摂っていないと、筋肉が低下する。そして、筋力が低下すると、基礎代謝が低下して、停滞期が生じる。

基礎代謝が原因で停滞期が生じているのであれば、おそらく「階段を上がる」「坂道を登る」といった日常生活に必要な筋肉まで落ちてしまっているだろう。

タンパク質を摂取して、日常生活を送ると、勝手に日常生活に必要な筋肉が戻る。その結果、基礎代謝が向上するのだ。

基礎代謝が向上すれば、基礎代謝の低下が原因の停滞期を乗り越えられるのは当然だ。

そのため、タンパク質を摂取すれば、基礎代謝の低下が原因の停滞期の乗り越えられるのだ。

早く停滞期を乗り越えるのに必要なタンパク質の摂取量

早く停滞期を乗り越えるのに必要なタンパク質の摂取量は、1日65gだ。

人間の体は、1日最大で65gのタンパク質を吸収できる。

最大量のタンパク質を摂取しておくことで、その分早く日常生活の筋肉が戻る。そして、早く筋肉が戻ると、その分早く基礎代謝が向上して、早く停滞期を抜け出せるようになるのだ。

そのため、早く停滞期を乗り越えるのに必要なタンパク質の摂取量は、1日65gなのだ。

※ 食品別のタンパク質の含有量は、簡単!栄養andカロリー計算さんの「タンパク質一覧」で見ることができる。ぜひ参考にして、1日65gになるようにタンパク質を摂ってほしい。

飢餓状態が原因のダイエット停滞期の乗り越え方

体が餓死すると勘違いして、飢餓状態が原因の停滞期は生じる。

つまり、体に餓死しないと思わせれば、飢餓状態が原因の停滞期を乗り越えられるのだ。

体に餓死しないと思わせるには、チートデイをおこなうのが効果的だ。

チートデイとは

簡単に言うと、チートデイとは大食いする日のことだ。

大食いすることで、体が餓死しないと思って、飢餓状態が原因の停滞期を乗り越えられるのだ。

効率的なチートデイのやり方

下記の2点を守ってチートデイをおこなうと、飢餓状態が原因の停滞期を効率的に乗り越えられる。

  • 摂取カロリー=体重×40kcal
  • 炭水化物を中心に食べる

上記2点を守ってチートデイをおこなうと、飢餓状態が原因の停滞期を効率的に乗り越えられる理由を説明する。

「摂取カロリー=体重×40kcal」を守ってチートデイをおこなうと効率的に停滞期を乗り越えられる理由

体重×40kcalのカロリーを摂取すれば、体は餓死しないと思って、飢餓状態を抜け出せる。

しかし、これ以上、カロリーを摂取してしまうと、逆に太ってしまって、チートデイ後に太った分をダイエットしなくてはいけない。

そのため、「摂取カロリー=体重×40kcal」を守ってチートデイをおこなうと、飢餓状態が原因の停滞期を効率的に乗り越えられるのだ。

チートデイで炭水化物を中心に食べると効率的に停滞期を乗り越えられる理由

人間の体はアミノ酸を主なエネルギー源にしている。

エネルギー源があると分かれば、体は餓死しないと思うのは当然だ。

つまり、アミノ酸をたくさん補給すれば、体は餓死しないと思うのだ。

炭水化物はアミノ酸の元となっている。

そのため、炭水化物をたくさん食べれば、効率よく体に餓死しないと思わせられるのだ。

したがって、チートデイで炭水化物を中心に食べると、飢餓状態が原因の停滞期を効率的に乗り越えられるのだ。

具体的には、全体の摂取カロリーのうち70%以上を炭水化物にするのがいいだろう。

生理周期が原因のダイエット停滞期の乗り越え方

生理周期が原因の停滞期を乗り越えるのは非常に簡単で、生理が終わるのを待てばいい。

生理3日前〜生理中に脂肪の吸収効率を上げるホルモンが分泌されるのが原因で、生理周期が原因の停滞期は生じる。

しかし、生理が終わってしまえば、脂肪の吸収効率を上げるホルモンは分泌されなくなる。再びダイエットをすれば、スムーズに体重は落ちていくのだ。

そのため、生理周期が原因の停滞期を乗り越えるには、生理が終わるのを待てばいいのだ。

まとめ.モチベーション維持が成功の鍵

下記の2つをおこなえば、最速でダイエット停滞期を乗り越えられる。

  • モチベーションを高くする
  • 4つの原因別のダイエット停滞期の乗り越え方

原因別の停滞期の乗り越え方は、本記事で説明した通りにおこなえばいい。

最速で停滞期を乗り越えられるかどうかの分かれ目は、「モチベーションを高くする」だ。

「5.最速でダイエット停滞期を乗り越えるために絶対やるべき2つのこと」で説明した通り、下記の2つをおこなえば、確実にモチベーションは上がる。

  • 目標を立てる
  • ご褒美を決める

しかし、上記2つをおこなっていたとしても、私生活で嫌なことがあれば、モチベーションは落ちてしまう。

モチベーションが落ちると、停滞期の乗り越え方の効果は激減してしまって、最速で停滞期を乗り越えられなくなってしまう。

そういった事態を回避して、最速で停滞期を乗り越えるためにも、「目標」と「ご褒美」の2点を強く意識してほしい。そうすることで、私生活で嫌なことがあっても、モチベーションを維持できて、最速で停滞期を乗り越えられる。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です