たった2週間でペタンコお腹を実現する超効率的なお腹をへこます方法

flat-stomach
Pocket
LINEで送る

あなたは「最近、お腹が出てきた」と悩んでいないだろうか?

その理由は簡単で、あなたが年を取ったからだ。

35歳を過ぎると、「筋力の大幅な低下」「基礎代謝の大幅な低下」といった理由から、お腹が出てきやすくなる。そして、何も対策を取らなければ、一度出てしまったお腹はへこまない。

しかし、安心してほしい。最近お腹が出てきたのであれば、余裕で元に戻せる。むしろ、しっかりとケアすれば、以前よりもペタンコのお腹を手に入れることが可能だ。

本日は、たった2週間でお腹をへこます超効率的な方法を紹介する。

ぜひ、今日から取り入れて、綺麗なペタンコお腹を手に入れてほしい。

目次

1.超効率的なお腹をへこます方法とは

超効率的なお腹をへこます方法とは、下記の2つを同時におこなうことだ。

  • お腹が出ている6つの原因別にお腹をへこます方法
  • お腹をへこます方法の効果が最大化する2つの習慣

原因別にお腹をへこます方法をおこなうことで、効率的にお腹がへこむ。そして、効果が最大化する習慣を身につけることで、さらに効率的にお腹がへこむのだ。そのため、上記2つを同時におこなうと、超効率的にお腹がへこむのだ。

そして、超効率的にお腹をへこますことで、たった2週間でペタンコお腹が手に入るのだ。

原因別のお腹をへこます方法が効率的な理由

お腹が出る原因は、下記の6つだ。

  • 内臓の位置が下がる
  • 骨盤の歪み
  • 皮下脂肪のつきすぎ
  • 内臓脂肪のつきすぎ
  • 脂肪が一箇所に集まっている
  • 便秘

例えば、お腹が出ている原因が「皮下脂肪のつきすぎ」なのであれば、下記の2つをおこなわないと、お腹はへこまない。

  • 摂取カロリーを下げる
  • 消費カロリーを上げる

しかし、「便秘」が原因であれば、上記2つをおこなって、お腹はへこむだろうか?

確実にお腹はへこまないだろう。

このように、お腹が出ている原因ごとに効果的な方法が違うのである。

そのため、お腹が出ている6つの原因別にお腹をへこます方法をおこなうのが効率的なのだ。

2つの習慣をおこなうと効率的にお腹がへこむ理由

お腹をへこます方法の効果が最大化する2つの習慣とは、正常なホルモンバランスを整える習慣だ。

女性の体はホルモンバランスでリンパの流れや代謝が変わる。

本記事で紹介するお腹をへこます方法では、原因別に筋トレやマッサージ等をおこなってお腹をへこます。

ホルモンバランスを正常に整っていれば、リンパの流れや代謝が良くなって、お腹をへこます方法の効果が最大化するのだ。

そのため、正常なホルモンバランスを保つ2つの習慣をおこなうと、効率的にお腹がへこむのだ。

2.お腹が出る6つの原因

「1.超効率的なお腹をへこます方法|原因別のお腹をへこます方法が効率的な理由」で説明した通り、お腹が出る原因は下記の6つだ。

  • 内臓の位置が下がる
  • 骨盤の歪み
  • 皮下脂肪のつきすぎ
  • 内臓脂肪のつきすぎ
  • 脂肪が一箇所に集まっている
  • 便秘

上記6つの原因でお腹が出る理由と、上記6つの原因が生じる理由をそれぞれ説明する。

原因1:内臓の位置が下がる

内臓の位置が全体的に下がると、内臓が下腹部に集まる。そして、下腹部に収まりきらない内臓が、外に押し出されて、下腹が出てしまうのだ。

内臓の位置が下がる理由

腹筋の筋力不足が理由で、内臓の位置が下がる。

内臓の位置は腹筋が保っている。腹筋の筋力が不足すると、内臓の位置を保てなくなって、内臓の位置が下がってしまうのだ。

原因2:骨盤の歪み

骨盤と下腹部は距離が近い。

そのため、骨盤が歪むと、同じ方向に下腹部も歪んでしまうのだ。

骨盤が前傾に歪むと、下腹も前に押し出されて、お腹が出てしまうのだ。

骨盤が前傾に歪む理由

骨盤を前に出す動作を日常的に行っていると、骨盤は前傾に歪む。

具体的には下記のような動作である。

  • ハイヒールを履く
  • 反り腰

これらの動作は、骨盤を前に出す動作である。日常的におこなっていると、骨盤が前に出た状態に癖がついてしまって、骨盤が前傾に歪むのだ。

※ ハイヒールを履いた姿勢を保つためには、骨盤を前に出さなくてはいけない。

原因3:皮下脂肪のつきすぎ

お腹に皮下脂肪がつくと、お腹が出てしまうのは当然だ。

それでは、皮下脂肪がつく理由を説明する。

皮下脂肪がつく2つの理由

「摂取カロリー>消費カロリー」となったとき、皮下脂肪がつく。

つまり、摂取カロリーが多い理由と消費カロリーが少ない理由が、皮下脂肪がつく理由なのだ。

理由1:食べ過ぎ

食べ過ぎると、その分摂取カロリーも多くなる。消費カロリーを上げなければ、摂取カロリーを全て消費しきれないのだ。

その結果、消費しきれなかったカロリーが脂肪に変わって、お腹に皮下脂肪がついてしまうのである。

そのため、食べ過ぎると、お腹に皮下脂肪がつくのだ。

理由2:基礎代謝の低下

「消費カロリー=基礎代謝+運動」である。

30歳を過ぎると、「筋力の低下」や「内臓の動きの悪化」といった理由から、基礎代謝が低下する。それに伴って、消費カロリーも低下するのだ。

そのため、基礎代謝が低下すると、お腹に皮下脂肪がつくのだ。

注.運動によるカロリー消費量は少ないため、皮下脂肪がつく大きな要因ではない(5kmのランニングでご飯一杯分のカロリー消費)。

原因4:内臓脂肪のつきすぎ

内臓脂肪がつくと、お腹が内側から膨らむ。

そして、お腹が外側に押し出されて、お腹が出てしまうのだ。

内臓脂肪がつく2つの理由

内臓脂肪は、即座にエネルギーに変わる脂肪である。

つまり、下記の2つが理由で内臓脂肪は過剰につくのだ。

  • 即座にエネルギーに変わる成分の取りすぎ
  • エネルギーを使っていない

それでは、具体的にどのような理由なのか説明する。

理由1:脂質の過剰摂取

脂質は即座にエネルギーに変わる成分である。

つまり、脂質が内臓脂肪の元となっているのだ。

そのため、脂質を過剰摂取すると、内臓脂肪がつきすぎてしまうのだ。

理由2:運動不足

運動不足だと、使うエネルギーが少なくなる。

使うエネルギーが少ないと、エネルギーに変わる内臓脂肪の量が減って、内臓脂肪がつきすぎてしまうのだ。

そのため、運動不足だと、内臓脂肪がつきすぎてしまうのだ。

原因5:脂肪が一箇所に集まっている

お腹の脂肪が一箇所に集まっていたら、その箇所だけ大きくなってしまう。たとえお腹についている脂肪の量は平均的だったとしても、お腹が出てしまうのだ。

脂肪が一箇所に集まる理由

脂肪が一箇所に集まる理由は、猫背だからだ。

言うならば、猫背は上腹部を引っ込めて下腹部を突き出す姿勢である。引っ込めている上腹部は、腹筋を常に使っている状態なので、脂肪がつきにくい。一方で、下腹部は一切腹筋を使っていない状態のため、脂肪がつきやすいのだ。

そのため、猫背だと、脂肪が下腹部に集まってしまうのだ。

原因6:便秘

便秘になると、大便が大腸に溜まるため、大腸が膨らむ。

そして、膨らんだ大腸がお腹を外側に押し出して、お腹が出るのだ。

便秘になる理由

食物繊維不足が理由で、便秘になる。

食物繊維は腸の動きを活発にする働きがある。

食物繊維が不足したら、腸の動きが悪くなって、大便も排出されにくくなるのだ。

そのため、食物繊維が不足すると、便秘になるのだ。

3.お腹が出ている6つの原因の簡単な見分け方

冒頭でも申し上げた通り、超効率的にお腹をへこますには、原因別にお腹をへこます方法をおこなう。そのためには、お腹が出ている原因を特定しなくてはいけない。

本章では、お腹が出ている原因の簡単な見分け方を説明する。

重要ポイント:
原因が2つ以上見つかることもある。そのときは、あなたの感覚で、お腹が出ている原因として強い順に順位づけしてほしい。

内臓の位置が下がっているかの簡単な見分け方

「2.お腹が出る6つの原因|原因1:内臓の位置が下がる」で述べた通り、腹筋の筋力不足が理由で、内臓の位置が下がる。

つまり、内臓の位置が下がっているのか見分けるには、腹筋の筋力が低下していないかを調べればいいのだ。

腹筋の筋力低下の調べ方

腹筋の筋力低下を調べるには、プランクをしてみるのが手っ取り早い。

プランクとは、下の動画の筋トレである。

一度やってみれば分かるが、プランクは腹筋全体を使う。そのため、腹筋の筋力が低下しているのかどうかが分かりやすいのだ。

プランクの姿勢を30秒以上保てないのであれば、お腹が出ている原因は、内臓の位置が下がっていることである。一方で、プランクの姿勢を30秒以上保てるのであれば、お腹が出ている原因は、その他5つの原因のいずれかだ。

骨盤の歪みの簡単な見分け方

骨盤が歪んでいるかを見分けるのは簡単だ。

目を閉じて、足踏みを50回するだけだ。

骨盤が前傾に歪んでいるということは、前に進みやすいということだ。そのため、目隠しして足踏みをすると、意識していないのに前に進んでしまうのである。

足踏みをして、2m以上前に進んでいるのであれば、お腹が出ている原因は骨盤の歪みだ。一方で、前に進んだのが2m未満であれば、お腹が出ている原因は、その他5つのいずれかである。

注.骨盤が一切歪んでいない人はいない。どんな人でも、前後左右に最低1~2m進んでしまう。そのため、進んだのが2m未満であれば、骨盤は歪んでいないと言える。

皮下脂肪の簡単な見分け方

皮下脂肪かどうかを見分けるのは、おへその形を見るのが最も簡単だ。

お腹に皮下脂肪がつくということは、おへその穴にも皮下脂肪がつくということだ。その結果、下図のようにおへそが閉じてしまうのだ。

fat-belly-button-shape上図のようにおへそが閉じていたら、お腹が出ている原因は皮下脂肪である。一方で、閉じていなければ、お腹が出ている原因は、その他5つのいずれかだ。

内臓脂肪の簡単な見分け方

内臓脂肪かどうかを見分けるのは、お腹を指で押して、硬さを感じるか確認するのが、最も簡単だ。

内臓脂肪は硬い脂肪である。

内臓脂肪が原因でお腹が出ているのであれば、お腹を指で押したときに、お腹の奥に硬さを感じるのだ。

お腹の奥に硬さを感じたら、お腹が出ている原因は内臓脂肪だ。一方で、硬さを感じないのであれば、お腹が出ている原因は、その他5つのいずれかだ。

脂肪が一箇所に集まっているかの簡単な見分け方

「2.お腹が出る6つの原因|原因5:脂肪が一箇所に集まっている」で述べた通り、脂肪が一箇所に集まる理由は、猫背だからだ。

つまり、脂肪が一箇所に集まっているかを見分けるには、猫背かどうかを調べれば良いのだ。

猫背かどうかを調べる方法

猫背かどうかを調べるには、リラックスして立った状態で、背中を壁につけるのが最も簡単だ。

猫背は背中が丸まった姿勢である。そのため、壁に背中をつけたとき、肩甲骨が壁につかない。

肩甲骨が壁につかないのであれば、お腹が出ている原因は、脂肪が一箇所に集まっていることだ。一方で、肩甲骨が壁につくのであれば、お腹が出ている原因は、その他5つのいずれかだ。

便秘かどうかの簡単な見分け方

当たり前すぎて非常に恐縮なのだが、便秘かどうかを見分けるには、何日間大便がでていないかで見分けるしか方法はない。

平均的に4日以上大便が出なかったら、お腹が出始める。

そのため、4日以上大便が出ていないのであれば、お腹が出ている原因は、便秘だ。一方で、大便が出ていないのが4日未満であれば、お腹が出ている原因は、その他5つのいずれかだ。

4.超効率的にお腹をへこますための2つの習慣

「1.超効率的なお腹をへこます方法とは|2つの習慣をおこなうと効率的にお腹がへこむ理由」で述べた通り、超効率的にお腹をへこます習慣とは、ホルモンバランスを整える習慣だ。ホルモンバランスを整えることで、お腹をへこます方法の効果が最大化して、効率的にお腹をへこむのである。

ぜひ、これから説明する2つの習慣を取り入れて、超効率的にお腹をへこませてほしい。

習慣1:十分な睡眠時間

十分な睡眠時間を確保することで、ホルモンバランスを整えられる。

ホルモンバランスが乱れる最大の要因は疲れだ。疲れが溜まると、体の動きが悪くなるのと同様に、女性ホルモンの分泌も悪くなって、ホルモンバランスが乱れるのだ。しかし、言い換えれば、疲れを溜めなければ、ホルモンバランスは整ったままだ。

睡眠には疲れを取る効果がある。

十分な睡眠時間を確保すれば、疲れは溜まらない。そして、疲れが溜まらなければ、ホルモンバランスは整ったままだ。

そのため、十分な睡眠時間を確保することで。ホルモンバランスが整うのだ

※ Diellでは、十分な睡眠時間を7時間以上と定義している。東京大学やスタンフォード大学といった複数の超名門大学の調査で、1日7時間の睡眠が最も健康的という結果が出ているからだ。

習慣2:規則正しい食生活

規則正しい食生活をすることで、ホルモンバランスを整えられる。

疲れの次に、ホルモンバランスが乱れる大きな要因は食生活だ。食生活が乱れると、女性ホルモンの分泌が悪くなって、ホルモンバランスが乱れる。

思い返してみてほしい。過去に、飲み会が続いているとき、生理が来なかった経験はないだろうか?

それは、食生活が乱れて、ホルモンバランスが乱れたのが原因である(疲れが溜まっていたという理由もあるが)。

このように、食生活はホルモンバランスが乱れる大きな要因なのだ。

そのため、ホルモンバランスを整えるためには、規則正しい食生活をする必要があるのだ。

※ 規則正しい食生活とは、3食バランスの良い食事を摂ることである。どういった食事を摂れば良いのかは、健康長寿ネットさんの「規則正しい食生活とは」で分かりやすく説明されている。ぜひ参考にしてほしい。

5.【原因別】超効率的なお腹をへこます6つの方法

お腹が出ている原因は下記の6つだ。

  • 内臓の位置が下がる
  • 骨盤の歪み
  • 皮下脂肪のつきすぎ
  • 内臓脂肪のつきすぎ
  • 脂肪が一箇所に集まっている
  • 便秘

「4.超効率的にお腹をへこますための2つの習慣」で述べた2つの習慣を取り入れた上で、今から説明する上記の原因別のお腹をへこます方法をおこなうと、超効率的にお腹がへこむ。

ぜひ実践して、超効率的にお腹をへこませてほしい。そして、ペタンコお腹を手に入れてほしい。

重要:
原因が2つ以上ある場合、全ての原因のお腹をへこます方法をおこなうのが望ましい。その方が短期間でお腹がへこむからだ。しかし、「時間がない」といった理由で、全ての原因のお腹をへこます方法をおこえないのであれば、まず最大の原因のお腹をへこます方法をおこなってほしい。そして、最大の原因が解決できたら、次に大きい原因のお腹をへこます方法をおこなってほしい。

内臓の位置が下がっていることが原因で出ているお腹をへこます方法

内臓の位置が下がる原因は、「腹筋の筋力低下」である。

言い換えれば、腹筋の筋力をつければ、内臓の位置は元に戻って、お腹がへこむのだ。

腹筋の筋力をつけるには、バイシクルクランチという腹筋法が最も効率的だ。

バイシクルクランチが効率的な理由

後ほどやり方は説明するが、バイシクルクランチは、お腹をねじる腹筋法だ。したがって、下図のように腹筋がつく。

bicyclecrunch-abdominal-muscle-form

上図のようにX字に腹筋がつくと、腹筋が網ですくうように内臓を引き上げて、内臓が元の位置に戻る。つまり、バイシクルクランチをやるだけで、内臓が元の位置に戻るのだ。

そのため、バイシクルクランチは効率的なのだ。

バイシクルクランチのやり方

バイシクルクランチのやり方は、下の動画を見てマスターしてほしい。

バイシクルクランチは、左右15回ずつ×3セットおこなってほしい。そうすることで、腹筋の筋力がついて、内臓の位置が元に戻り、お腹がへこむ。

バイシクルクランチの効果を最大化させるポイント

下図のように腹筋を斜めに使うように意識することで、バイシクルクランチの効果は最大化する。

how-to-flex-abs-bicyclecrunch

あなたは「たったそれだけ?」と思っているだろう。

しかし、使う筋肉を意識するのと、意識しないのとでは、筋トレの効果が全然ちがう。

使う筋肉を意識すると、意識した箇所の筋肉のみを使って筋トレするようになる。その結果、筋トレ効果がその他箇所に分散しなくなって、筋トレ効果が最大化するのだ。

バイシクルクランチは、X字に腹筋をつける腹筋法である。

そのため、腹筋を斜めに使うよう意識することで、バイシクルクランチの効果は最大化するのだ。

骨盤の歪みが原因で出ているお腹をへこます方法

骨盤が前傾に歪むと、下腹が外側に押し出されて、お腹が出る。

つまり、骨盤の歪みが原因で出ているお腹をへこますには、骨盤の前傾を解消すればいいのだ。

骨盤の前傾を解消するには、お尻上げエクササイズが効果的だ。

お尻上げエクササイズが効果的な理由

後ほどやり方は説明するが、お尻上げエクササイズは、お尻全体を鍛えるトレーニングだ。お尻全体を鍛えることで、骨盤が背中側に引き締められて、骨盤の前傾が解消する。

そのため、お尻上げエクササイズは、骨盤の前傾を解消するのに効果的なのだ。

お尻上げエクササイズのやり方

お尻上げエクササイズのやり方は、言葉で説明するよりも、映像を見た方が早いだろう。下の動画を見て、やり方をマスターしてほしい。

お尻上げエクササイズは、30回×3セットおこなってほしい。そうすることで、骨盤の前傾が解消して、お腹がへこむ。

お尻上げエクササイズの効果を最大化させるポイント

ゆっくりとしたペースで、お尻を意識しながらおこなうと、お尻上げエクササイズの効果は最大化する。

「お尻上げエクササイズのやり方」で紹介した映像の通り、お尻上げエクササイズは、足の裏を地面につけておこなうエクササイズだ。何も意識せずに、早いペースでおこなうと、足の筋肉を使って、お尻を上げてしまう。その結果、エクササイズの効果が足に分散するのだ。

お尻を意識すると、お尻の筋肉のみを使って、お尻上げエクササイズをするようになる。そして、ゆっくりとしたペースでおこなうことで、お尻をより意識できるようになって、エクササイズの効果が最大化する。

したがって、ゆっくりとしたペースで、お尻を意識しながらおこなうと、お尻上げエクササイズの効果は最大化するのだ。

皮下脂肪が原因で出ているお腹をへこます方法

皮下脂肪がつく原因は、下記の2つだ。

  • 食べ過ぎ
  • 基礎代謝の低下

上記2つの原因を改善すれば、皮下脂肪が原因で出ているお腹はへこむのだ。

「4.超効率的にお腹をへこますための2つの習慣」で説明した習慣を守れば、食べ過ぎは改善できる。つまり、基礎代謝の低下さえ改善すれば、お腹はへこむのだ。

基礎代謝の低下を改善するには

基礎代謝の低下を改善するには、基礎代謝を上げれば良いだけだ。

そして、基礎代謝を上げる方法は非常に単純で、筋肉をつければ良い。

基礎代謝とは、生命維持に必要な最低限エネルギーである。筋肉をつければ、筋肉を維持するためにエネルギーが必要となって、基礎代謝が上がるのである。

基礎代謝を効率的に上げるには

お腹のインナーマッスルを鍛えることで、基礎代謝は効率的に上がる。

お腹のインナーマッスルは、体の中で最も大きい筋肉である。少し鍛えるだけで、その他箇所よりも筋肉がつく量が多いのだ。そのため、お腹のインナーマッスルを鍛えると、基礎代謝は効率的に上がるのだ。

そして、お腹のインナーマッスルを鍛えるには、プランクが効率的だ。

プランクが効率的な理由

プランクはお腹のインナーマッスル全体を鍛える筋トレ法だ。鍛えられる範囲が大きいため、その分筋肉がつく量も多いのだ。

そのため、効率よくお腹のインナーマッスルがつくのだ。

プランクのやり方

「3.お腹が出ている6つの原因の簡単な見分け方」でプランクのやり方の動画を載せたが、確認のためにもう一度載せておく。下の動画を見て、プランクのやり方を完璧にマスターしてほしい。

プランクは1分×3セット行ってほしい。そうすることで、お腹のインナーマッスルがついて、基礎代謝が上がり、皮下脂肪が原因で出ているお腹がへこむ。

なお、初めのうちは1分×3セットをできないかもしれない。その場合は、セット数を増やして、合計3分になるようにプランクをおこなってほしい(ex.30秒×6セット)。

プランクの効果を最大化させるポイント

3日に1回休むことで、プランクの効果は最大化する。

筋トレで痛んだ筋繊維を修復するときに、以前よりも強い筋繊維を作ろうとして、筋肉がつく。定期的に休みを取ることで、筋繊維がしっかりと修復して、効率よく筋肉がつくのだ。

そのため、3日に1回休むことで、プランクの効果は最大化するのだ。

※ プランクの詳細な説明は、「ダイエットに効果的なインナーマッスルの鍛え方」に記載している。もっと効率的にお腹のインナーマッスルをつけるためにも、ぜひ読んでほしい。

内臓脂肪が原因で出ているお腹をへこます方法

内臓脂肪がつく原因は、下記の2つだ。

  • 脂質の過剰摂取
  • 運動不足

上記2つを改善すれば、内臓脂肪が原因で出ているお腹はへこむのだ。

「4.超効率的にお腹をへこますための2つの習慣」で説明した習慣を守れば、脂質の過剰摂取は改善できる。つまり、運動不足のみを解消すれば、お腹はへこむのだ。

運動不足を解消するのは非常に単純で、運動をすればいいだけだ。

そして、内臓脂肪が効率的に落ちる運動はランニングだ。

ランニングで内臓脂肪が効率的に落ちる理由

ランニングで内臓脂肪が効率的に落ちる理由は、ランニングは負荷が強い有酸素運動だからだ。

内臓脂肪が燃焼する量は、「運動強度×運動時間」で決まる。「運動強度×運動時間」が大きければ、燃焼する内臓脂肪の量も多いのだ。

つまり、強度が強い運動を長時間おこなうと、燃焼する内臓脂肪の量は多くなるのだ。

そのため、負荷が強くて長い時間おこなえるランニングすると、内臓脂肪が効率的に落ちるのだ。

効率的に内臓脂肪が落ちるランニングのやり方

毎日、5kmを30分前後のペースでランニングすると、内臓脂肪が効率的に落ちる。

5kmを30分で走るということは、1kmを6分で走るということだ。やってみると分かるが、1kmを6分で走るのは、相当な強度だ。そして、1kmを6分ペースで5km走ると、30分も運動することになる(運動の中では、運動時間30分は相当長い)。そのため、「運動強度×運動時間」が最大化するのだ。

したがって、毎日、5kmを30分前後のペースでランニングすると、内臓脂肪が効率的に落ちるのだ。

脂肪が効率的に落ちるランニングの時間帯

夕食から2〜3時間後にランニングをすることで、効率的に脂肪が落ちる。

「夕食を減らすと効率的に体重が落ちる」ということは知っていると思う。

それでは、なぜ夕食を減らすと体重が効率的に落ちるのだろうか?

理由は簡単で、寝るためのエネルギーに脂肪を使うからだ。

夕飯を減らすと、夕食で摂取した脂質とカロリーだけでは、寝るためのエネルギーを賄えない。寝るためのエネルギーを捻出するために、内臓脂肪と皮下脂肪を燃焼するのだ。そのため、夕食を減らすと、体重が減るのだ。

夕食後にランニングをすることで、夕食を減らしたのと同様の状態を作れる。夕食後にランニングをすると、夕食で摂取した脂質とカロリーが消費されて、寝るためのエネルギーが不足する。そして、夕飯を減らしたときと同様の理由で、内臓脂肪と皮下脂肪が燃焼するのだ。

そのため、夕食から2〜3時間後にランニングをすると、効率的に脂肪が落ちるのだ(夕食直後にランニングをしても問題ないが、お腹が痛くなってしまうのでおすすめしない)。

脂肪が一箇所に集まっていることが原因で出ているお腹をへこます方法

脂肪が一箇所に集まる理由は、猫背だからだ。

そのため、脂肪が一箇所に集めっていることが原因で出ているお腹をへこますには、猫背を改善しなくてはいけない。

しかし、猫背を改善するだけでは、お腹はへこまない。それだけでは、脂肪がお腹全体に分散しないからだ。

お腹をへこますためには、猫背の改善をおこなった上で、脂肪を分散させなくてはいけないのだ。

ここでは、猫背改善方法と脂肪を分散させる方法の2つを説明する。

超効率的な猫背改善方法

猫背の原因は、下半分の背筋の筋力不足だ。下半分の背筋力が不足することで、背筋が通った姿勢を保てず、猫背になってしまうのだ。

言い換えれば、下半分の背筋をつければ、猫背は改善する。

そして、下半分の背筋をつけるには、バックエクステンションが効果的だ。

バックエクステンションが効果的な理由

後ほど詳しいやり方は説明するが、バックエクステンションをおこなうと、下図の範囲が背筋を鍛えられる。

back-extension-spine-muscle-range

上図を見て分かる通り、ピンポイントで下半分の背筋がつくのだ。筋トレの効果がその他部位に分散しないため、効率的に下半分の背筋がつくのだ。

バックエクステンションのやり方

バックエクステンションは下の動画の通りだ。動画を見て、やり方をしっかりマスターしてほしい。

バックエクステンションを、15回×3セットおこなってほしい。そうすることで、下半分の背筋がついて、猫背が改善する。

バックエクステンションの効果を最大化させるポイント

「5. 【原因別】超効率的なお腹をへこます6つの方法|骨盤の歪みが原因で出ているお腹をへこます方法」で説明したお尻上げエクササイズの効果を最大化させるポイントと同様に、ゆっくりとしたペースで、下半分の背筋を意識しながらバックエクステンションをおこなうと、効果は最大化する。

※ ゆっくりとしたペースで、使う筋肉を意識しながら筋トレをおこなうことで、効果が最大化する理由は、「5. 【原因別】超効率的なお腹をへこます6つの方法|骨盤の歪みが原因で出ているお腹をへこます方法」で説明しているので、そちらを参照してほしい。

超効率的にお腹の脂肪を分散させる方法

お腹の脂肪を分散させるには、リンパの流れを良くすればいい。

リンパの流れによって、脂肪は流れる。リンパの流れを良くすると、脂肪が効率良く流れるようになって、脂肪が分散するのだ。

リンパの流れを良くするには、リンパマッサージが効率的だ。

リンパマッサージが効率的な理由

リンパマッサージをおこなうと、必ずリンパの流れが良くなる。物理的な力でリンパを刺激しているからだ。

そして、リンパマッサージは即効性が高い。リンパマッサージをおこなった瞬間から、リンパの流れが良くなるのだ。

つまり、リンパマッサージをおこなうと、確実かつ即効でリンパの流れが良くなるのだ。

そのため、リンパの流れを良くするには、リンパマッサージが効率的なのだ。

リンパマッサージのやり方

お腹のリンパマッサージのやり方は下の動画の通りだ。動画を見て、やり方をマスターしてほしい。

リンパマッサージを5〜10分おこなってほしい。そうすることで、リンパの流れが非常に良くなって、すぐにお腹の脂肪が分散するのだ。

リンパマッサージの効果を最大化させるポイント

少し痛いくらいの力でマッサージすることで、リンパマッサージの効果は最大化する。

リンパは筋肉の奥にある。少し痛いくらいの力で押さなければ、リンパまで力が伝わらないのだ。

そのため、リンパマッサージの効果を最大化させるポイントは、少し痛いくらいの力でマッサージすることなのだ。

便秘が原因で出ているお腹をへこます方法

便秘が原因で出ているお腹をへこますには、特別なことをやる必要はない。「4. 超効率的にお腹をへこますための2つの習慣」で説明した「規則正しい食生活」をおこなっていれば、便秘が原因で出ているお腹はへこむ。

便秘が原因で出ているお腹をへこます方法は非常に単純で、便秘を改善すればいいだけだ。

そして、便秘を改善するには、食物繊維を摂ればいい。食物繊維を摂ることで、大腸の働きが良くなって、便通が良くなるからだ。

「規則正しい食生活」をおこなっていれば、適量の食物繊維を摂取できる。

そのため、「規則正しい食生活」をおこなっていれば、便秘が原因で出ているお腹をへこむのだ。

「規則正しい食生活」をしっかりと実践して、便秘が原因で出ているお腹をへこませてほしい。

まとめ.たった2週間で確実にお腹はへこむ

本記事で説明した超効率的なお腹をへこます方法をおこなえば、たった2週間で確実にお腹はへこむ。最後にやるべきことをもう一度確認しておこう。

やるべきこと1:お腹が出た原因を見分ける
お腹が出る原因は次の6つだ。
①内臓の位置が下がる ②骨盤の歪み ③皮下脂肪のつきすぎ ④内臓脂肪つきすぎ ⑤脂肪が一箇所に集まっている ⑥便秘
超効率的にお腹をへこますためには、原因別にお腹をへこます方法をおこなう。そのため、お腹が出た原因を見分けることが非常に重要だ。
あなたのお腹が出た原因はどれなのか、正確に見分けてほしい。

やるべきこと2:2つの習慣を身につける
超効率的にお腹をへこますために身につけるべき習慣は下記の2つだ。
①規則正しい食生活 ②十分な睡眠時間
上記2つの習慣を身につけることで、ホルモンバランスが整う。その結果、お腹をへこます方法の効果が最大化するのだ。

やるべきこと3:原因別にお腹をへこます方法をおこなう
原因ごとに効果的なお腹をへこます方法が違う。原因別にお腹をへこます方法をおこなうことで、効率良くお腹がへこむのだ。

お腹が出た原因を見分けるのが面倒だと感じるかもしれない。しかし、ぜひ本記事で説明した方法でお腹をへこませてほしい。

一度原因を見分けてしまえば、その後は「2つの習慣」と「原因別のお腹をへこます方法」をおこなうだけで、みるみるお腹がへこんでいく。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です