もう二度とダイエット必要なし!絶対にリバウンドしないダイエット法

no-rebound
Pocket
LINEで送る

あなたは今まで、ダイエットとリバウンドを繰り返してきたのではないだろうか?

その理由は簡単で、あなたがリバウンドしてしまうダイエット法をおこなってきたからだ。

間違ったダイエット法をおこなうと、「筋力の低下」や「ストレス」が原因で、確実にリバウンドする。そして、間違ったやり方で、今後もダイエットをするのであれば、永遠にダイエットとリバウンドを繰り返すだろう。

しかし、安心してほしい。正しいやり方でダイエットすれば、リバウンドはしない。

本日は、絶対にリバウンドしないダイエット法を紹介する。

ぜひ実践して、これ以上リバウンドしないようにしてほしい。

そして、もう二度とダイエットしないようにしてほしい。

目次

1.リバウンドしたときのデメリット

リバウンドしたときのデメリットは、リバウンド後のダイエットでは、よりキツイダイエットをしないと、痩せられないということだ。

ダイエットをすると、筋肉が落ちて、基礎代謝が低下する。そして、リバウンドしても、筋肉は元に戻らないため、リバウンド後の基礎代謝は低下したままだ。

「消費カロリー=基礎代謝+運動」だ。

基礎代謝が低下すると、その分消費カロリーも低下する。

つまり、リバウンド後のダイエットは、消費カロリーが低下した状態でダイエットしないといけないのだ。

消費カロリーが低下した状態でダイエットするには、下記の2つをおこなわないと痩せられない。

  • よりハードな運動
  • よりハードな食事制限

したがって、リバウンド後のダイエットは、よりキツイダイエットをしないと、痩せられないのだ。

こういった事態を回避するためにも、ダイエットするのであれば、なるべく早くリバウンドしないダイエット法をおこなった方がいいのだ。

2.絶対にリバウンドしないダイエット法とは

絶対にリバウンドしないダイエット法とは、下記の2つをおこなうことだ。

  • ダイエット直後にリバウンドする3つの原因を解消しながらダイエットする
  • 永久的にリバウンドしないための3つのルールを守る

ダイエット直後にリバウンドする原因は、ダイエットする過程に3つある。この3つの原因を解消しながらダイエットすることで、ダイエット直後のリバウンドを防げる。

そして、ダイエット後に3つのルールを守って生活することで、永久的にリバウンドを防げる。

そのため、上記2つをおこなうと、絶対にリバウンドをしないのだ。

3つの原因を解消しながらダイエットするとリバウンドしない理由

物事には全て原因が存在する。

しかし、言い換えれば、原因が生じなければ、物事は何も起こらないのだ。

ダイエット直後にリバウンドする原因は、ダイエットする過程に3つある。そして、ダイエットする過程以外では、ダイエット直後にリバウンドする原因は存在しない。

つまり、この3つの原因を解消しながらダイエットをすれば、ダイエット直後にリバウンドは起こらないのだ。

3つのルールを守ると永久的にリバウンドしない理由

3つのルールとは、「摂取カロリー=消費カロリー」にするためのルールだ。

ダイエット後に、「摂取カロリー=消費カロリー」の生活を続ければ、一生太らないのは当然だ。

したがって、3つのルールを守って生活を続けると、永久的にリバウンドしないのだ。

3.ダイエット直後にリバウンドする3つの原因

ダイエットする過程で、ダイエット直後にリバウンドする3つの原因が生じる。

具体的にどのような原因なのか説明していく。

原因1:筋力の低下

適切な栄養補給をしながらダイエットしないと、タンパク質が不足して、筋力が低下する。そして、基礎代謝が低下して、消費カロリーが低下する。

その結果、ダイエット後、通常の食事に戻したとき、「摂取カロリー>消費カロリー」となってしまって、太るのだ。

したがって、筋力の低下が原因で、ダイエット直後にリバウンドするのだ。

原因2:ストレス

ダイエット中は、食事制限をする。

食事制限をやったことがあるなら分かると思うが、食事制限は非常にストレスが溜まる。

ダイエットが終わって、食事制限をやめると、今まで溜まっていたストレスの反動で、食べ過ぎてしまうのだ。

したがって、ストレスが原因で、ダイエット直後にリバウンドするのだ。

原因3:満腹中枢を刺激する物質の分泌量低下

食事制限をすると、満腹にならない日々が続く。

そうなると、満腹中枢を刺激する物質の分泌量を、体が勝手に減らす。

満腹中枢を刺激する物質の分泌量は、急激に増えないため、ダイエット直後は分泌量が少ないままだ。そのため、ダイエット直後に、つい食べ過ぎてしまう。

したがって、満腹中枢を刺激する物質の分泌量低下が原因で、ダイエット直後にリバウンドするのだ。

4.リバウンドの3つの原因を解消するダイエット法|5つのやるべきこと

繰り返しになるが、ダイエット直後にリバウンドする原因は、ダイエットの過程でのみ発生する。

ダイエット直後にリバウンドする原因は、下記の3つだ。

  • 筋力の低下
  • ストレス
  • 満腹中枢を刺激する物質の分泌量低下

上記3つの原因を解消しながらダイエットすることで、ダイエット直後のリバウンドを防げる。

本章では、5つのやるべきことを説明する。

5つのやるべきことをおこなえば、ダイエット直後にリバウンドしないようにダイエットできる。

もう二度とダイエットしないためにも、ぜひ実践してほしい。

やるべきこと1:筋トレ

筋トレしながらダイエットすることで、筋力の低下が原因のリバウンドを防げる。

筋トレをしながらダイエットをすれば当然、ダイエット後は筋肉が増えている。その分基礎代謝も上がっているため、消費カロリーが上がっているのだ。

その結果、ダイエット直後に通常の食事に戻しても、「摂取カロリー>消費カロリー」にならないのだ。

「摂取カロリー>消費カロリー」にならなければ、当然太らない。

したがって、筋トレしながらダイエットすることで、筋肉の低下が原因のリバウンドを防げるのだ。

※ ダイエット中の筋トレは、お腹のインナーマッスルを鍛えるのが効果的だ。お腹のインナーマッスルは大きい筋肉なので、一度の筋トレでつく筋肉量が多い。そのため、効率良く基礎代謝が上がるのだ。お腹のインナーマッスルの鍛え方は、Re-MANLABさんの「お腹のインナーマッスルの鍛え方」で分かりやすく説明されているので、ぜひ参考にしてほしい。

やるべきこと2:1日65gのタンパク質を摂取

1日65gのタンパク質を摂取しながらダイエットすることで、筋力の低下が原因のリバウンドを防げる。

下記の2つの理由から、1日65gのタンパク質を摂取すると、「やるべきこと1:筋トレ」をおこなうことで増える筋肉量が、最大化する。

  • 筋肉の栄養源はタンパク質
  • 女性が1日に吸収できるタンパク質の上限は65g

その結果、基礎代謝が効率良く上がって、消費カロリーも効率良く上がる。

したがって、1日65gのタンパク質を摂取しながらダイエットすると、筋力の低下が原因のリバウンドを防げるのだ。

※ 食品別のタンパク質含有量は、簡単!栄養andカロリー計算さんの「食品別タンパク質含有量一覧」で分かりやすくまとめられている。そちらを参考にして、1日のタンパク質の摂取量が65gになるように調整してほしい。

やるべきこと3:1ヶ月1〜2kgペースでダイエットする

1ヶ月1〜2kgのペースでダイエットをすることで、ストレスが原因のリバウンドを防げる。

過度なダイエットをするほど、溜まるストレスが増える。それに伴って、ストレスの反動が強くなって、ダイエット後に食べ過ぎてしまうのだ。

1ヶ月1〜2kgのペースでダイエットをすれば、ほぼストレスなくダイエットできる。ストレスの反動がなくなるため、ダイエット直後も食べ過ぎないのだ。

したがって、1ヶ月1〜2kgのペースでダイエットをすることで、ストレスが原因のリバウンドを防げるのだ。

※ 1ヶ月で1〜2kgダイエットする具体的な方法は、後日記事にするので、それまで楽しみにしていてほしい。今すぐ知りたいのであれば、痩せTECHさんの「1ヶ月で1キロ痩せる方法」で分かりやすく説明されているので、そちらを参考にしてほしい。

やるべきこと4:カロリーの範囲内で好きなものを食べる

カロリーの範囲内で好きなものを食べながらダイエットすると、ストレスが原因のリバウンドを防げる。

ダイエット中に好きなものを食べられるのであれば、溜まるストレスは少なくなる。そうなると、ストレスの反動も少なくなって、ダイエット後の食べ過ぎを防げるのだ。

したがって、カロリーの範囲内で好きなものを食べながらダイエットすると、ストレスが原因のリバウンドを防げるのだ。

やるべきこと5:1ヶ月かけて普通の食事に戻す

ダイエット後、1ヶ月かけて普通の食事に戻せば、満腹中枢を刺激する物質の分泌量の低下が原因のリバウンドを防げる。

食事の量が増えるにつれて、満腹中枢を刺激する物質の分泌量は増えていく。

1ヶ月かけて普通の食事に戻すことで、食べ過ぎを防ぎながら、満腹中枢を刺激する物質の分泌量を増やせる。そして、分泌量が正常に戻ったら、普通の食事をしても、食べ過ぎない。

そのため、ダイエット後、1ヶ月かけて普通の食事に戻せば、満腹中枢を刺激する物質の分泌量の低下が原因のリバウンドを防げるのだ。

5.永久的にリバウンドしないための3つのルール

本章では、ダイエット後の3つのルールを説明する。

3つのルールを守って生活を続けることで、永久的にリバウンドを防げる。

そして、「4.リバウンドの3つの原因を解消するダイエット法|5つのやるべきこと」で説明したダイエット法と一緒におこなうことで、完璧にリバウンドを防げるのだ。

もう二度とダイエットしないためにも、ぜひ3つのルールを守って生活してほしい。

ルール1:週1で筋トレを継続

ダイエット後、週1で筋トレを続けることで、リバウンドを防げる。

週1で筋トレすれば、ダイエット中につけた筋力を保てる。その結果、基礎代謝を高い状態で保てるため、太らないのだ。

したがって、週1で筋トレすれば、リバウンドを防げるのだ。

リバウンドしないためにも、ぜひ週1で筋トレをしてほしい。

※ ダイエット中の筋トレと同様で、お腹のインナーマッスルを鍛えるのが効率的だ。なぜならば、お腹のインナーマッスルを保っていれば、基礎代謝は低下しないからだ。前述したが、お腹のインナーマッスルの鍛え方は、Re-MANLABさんの「お腹のインナーマッスルの鍛え方」で分かりやすく説明されているので、そちらを参考にしてほしい。

ルール2:「摂取カロリー=基礎代謝×1.6」

「摂取カロリー=基礎代謝×1.6」を守ることで、リバウンドを防げる。

「摂取カロリー=消費カロリー」にすれば、太らないのは当然だ。

平均的に、消費カロリーは基礎代謝の1.6倍である。

つまり、「摂取カロリー=基礎代謝×1.6」を守って生活すれば、リバウンドしないのだ。

リバウンドしないためにも、ぜひ「摂取カロリー=基礎代謝×1.6」を守って生活してほしい。

基礎代謝の計算式
「基礎代謝=665+9.6×体重(kg)+1.7×身長(cm)−7.0×年齢」
 
※ 食品別のカロリーは、簡単!栄養andカロリー計算さんの「食品別カロリー一覧」に載っている。そちらを参考にして、「摂取カロリー=基礎代謝×1.6」になるように調整してほしい。

ルール3:7時間以上の睡眠を確保

7時間以上の睡眠を確保することで、リバウンドを防げる。

7時間以上の睡眠を取ると、満腹中枢を刺激する物質の分泌量が多くなる。

スタンフォード大学の調査では、睡眠時間が7時間以上の人は、睡眠時間が7時間未満の人よりも、満腹中枢を刺激する物質の分泌量が29.8%も多いという結果が出ているのだ。

そして、満腹中枢を刺激する物質の分泌量が多ければ、食べ過ぎを防げる。

したがって、7時間以上の睡眠時間を確保すると、リバウンドを防げるのだ。

リバウンドしないためにも、ぜひ7時間以上の睡眠時間を確保してほしい。

まとめ.リバウンドしないダイエット法は存在する!

本記事で説明した方法でダイエットをすれば、絶対にリバウンドしない。最後にやり方をもう一度確認しておこう。

1.リバウンドの3つの原因を解消するダイエット法
リバウンドする3つの原因を解消しながらダイエットすることで、ダイエット直後にリバウンドしない。
具体的にやるべきことは下記の5つだ。
やるべきこと1:筋トレ
やるべきこと2:1日65gのタンパク質を摂取
やるべきこと3:1ヶ月1〜2kgペースでダイエットする
やるべきこと4:カロリーの範囲内で好きなものを食べる
やるべきこと5:1ヶ月かけて普通の食事に戻す
上記5つのやるべきことをおこなうことで、ダイエット直後のリバウンドを防ぎながらダイエットできるのだ。

2.永久的にリバウンドしないための3つのルール
永久的にリバウンドしないための3つのルールとは、下記の通りだ。
ルール1:週1で筋トレを継続
ルール2:「摂取カロリー=基礎代謝×1.6」
ルール3:7時間以上の睡眠を確保
ダイエット後に、上記3つのルールを守って生活することで、永久的にリバウンドを防げる。

やるべきことが5つもあって、面倒だと感じるかもしれない。しかし、ぜひ本記事で説明した方法で、ダイエットをしてほしい。

そうすることで、リバウンドしなくなって、もう二度とダイエットする必要はなくなる。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です