たった2週間で5年前のすっきりお腹を取り戻せるぽっこりお腹解消法

best-how-to-cure-potbelly
Pocket
LINEで送る

あなたは今、下腹がぽっこりしていることが、気になって仕方がないのではないだろうか?

その理由は簡単で、あなたが下腹をへこます努力を一切していないからだ。

女性は、「出産による骨盤の歪み」「加齢による筋力低下」といった理由から、下腹がぽっこりしやすい。そして、一度ぽっこりした下腹を、再度へこますのは非常に困難だ。

しかし、安心してほしい。正しいやり方をマスターすれば、短期間でぽっこりお腹を解消できる。

本日は、たった2週間でぽっこりお腹を解消する方法を紹介する。

ぜひ実践して、すっきりしたお腹を手に入れてほしい。

注意点
本記事で紹介するのは、ぽっこりした下腹を解消する方法だ。全体的に出ているお腹をへこます方法ではないので、注意してほしい。なお、お腹全体をへこます方法は、「超効率的にお腹をへこます方法」で説明しているので、そちらを参照してほしい。

目次

1.たった2週間でぽっこりお腹を解消するには

下記の2つを同時におこなうことで、たった2週間でぽっこりお腹を解消できる。

  • 6つの原因別のぽっこりお腹解消法
  • ぽっこりお腹解消法の効果を最大化させる3つのルール

お腹がぽっこりする原因は6つある。この6つの原因に応じた方法を取ることで、短期間でぽっこりお腹が解消する。

そして、3つのルールを守ることで、6つの原因別のぽっこりお腹解消法の効果が最大化して、より短期間でぽっこりお腹が解消するのだ。

そのため、上記2つを同時におこなうと、たった2週間でぽっこりお腹が解消するのだ。

6つの原因別のぽっこりお腹解消法をおこなうと短期間でぽっこりお腹が解消する理由

ぽっこりお腹の原因は、下記の6つだ。

  • 内臓の位置が下がる
  • 骨盤の前傾
  • 皮下脂肪のたるみ
  • 皮下脂肪が下腹部に集中
  • 食べ物の消化不良
  • 便秘

例えば、ぽっこりお腹の原因が骨盤の前傾なのであれば、骨盤を正しい位置に戻すと、ぽっこりお腹は解消する。

しかし、ぽっこりお腹の原因が皮下脂肪のたるみの場合、骨盤を正しい位置に戻せば、ぽっこりお腹は解消するだろうか?

確実にぽっこりお腹は解消しない。

このように、ぽっこりお腹の原因によって、効果的な解消法が異なるのだ。

効果的な解消法をおこなえば、ぽっこりお腹が短期間で解消するのは当然だ。

そのため、6つの原因別にぽっこりお腹解消法をおこなうと、短期間でぽっこりお腹が解消するのだ。

3つのルールを守るとぽっこりお腹解消法の効果が最大化する理由

3つのルールとは、リンパの流れを良くするためのルールだ。

リンパの流れが良くなると、筋トレやストレッチ等の効果は最大化する。

本記事で紹介するぽっこりお腹解消法では、原因別に筋トレやストレッチ等をおこなう。

そのため、3つのルールを守ると、ぽっこりお腹解消法の効果が最大化するのだ。

そして、効果が最大化すれば、より短期間でぽっこりお腹を解消できる。

以上のことから、「原因別のぽっこりお腹解消法」と「3つのルール」を同時におこなうと、たった2週間でぽっこりお腹が解消するのだ。

2.ぽっこりお腹になる6つの原因

お腹がぽっこりする原因は6つだ。

具体的にどのような原因なのか説明していく。

原因1:内臓の位置が下がる

お腹のインナーマッスルには、内臓を正しい位置に保つ役割がある。

お腹のインナーマッスルが低下すると、内臓の位置が下がって、下腹部に内臓が集まる。

そして、下腹部に集まった内臓が、お腹を押し出して、お腹がぽっこりしてしまうのだ。

原因2:骨盤の前傾

下記の2つの原因で、骨盤が前傾する。

  • 出産
  • 姿勢が悪い

骨盤と下腹は距離が近い。

骨盤が前傾すると、一緒に下腹も押し出されて、お腹がぽっこりしてしまうのだ。

原因3:皮下脂肪のたるみ

筋肉が皮下脂肪を引き締めている。

つまり、お腹の皮下脂肪は、腹筋が引き締めているのだ。

腹筋が低下すると、お腹に皮下脂肪が過剰についていなくても、お腹の皮下脂肪はたるんでしまう。

その結果、お腹が出て、お腹がぽっこりしてしまうのだ。

※ 腹筋とは、お腹の表面上の筋肉のことを指す。お腹のインナーマッスルとは異なるので、注意してほしい。なお、腹筋とお腹のインナーマッスルの違いは、URANARUさんの「腹筋とインナーマッスルの違い」で分かりやすく説明されているので、そちらを参照してほしい。

原因4:皮下脂肪が下腹部に集中

猫背が原因で、皮下脂肪が下腹部に集中する。

猫背とは、上腹部を引っ込めて、下腹部を突き出す姿勢だ。上腹部は常に腹筋を使っている状態だが、下腹部は常に腹筋を使っていない状態なのだ。

そのため、猫背だと、腹筋を使っていない下腹部に脂肪がついてしまって、お腹がぽっこりしてしまうのだ。

原因5:食べ物の消化不良

年を重ねるにつれて、胃腸の動きが悪くなる。

普通の食生活をしていても、食べ物を全て消化しきれなくて、常に食べ物が胃腸内に残ってしまうのだ。

胃腸内に残った食べ物が、お腹を押し出して、お腹がぽっこりしてしまうのだ。

原因6:便秘

食生活が乱れると、腸の動きが悪くなって、便秘になる。

便秘になるということは、腸に大便が溜まるということだ。

そのため、便秘になると、腸が膨らんでしまう。

膨らんだ腸が、お腹を押し出して、お腹がぽっこりしてしまうのだ。

3.お腹がぽっこりした6つの原因の簡単な見分け方

原因別にぽっこりお腹解消法をおこなうには、まず、どの原因でお腹がぽっこりしているのか見分けなくてはいけない。

本章では、6つのぽっこりお腹の原因を簡単に見分ける方法を説明する。

しっかりと本章を読んで、確実にぽっこりお腹の原因を特定してほしい。

注意点:原因が1つとは限らない
ぽっこりお腹の原因が2つ以上見つかることもある。原因は1つだけとは限らないので、注意してほしい。

内臓の位置が下がっているか簡単に見分ける方法

お腹のインナーマッスルが低下すると、確実に内臓の位置は下がる。

つまり、内臓の位置が下がっているか見分けるには、お腹のインナーマッスルが低下していないか確認すればいいのだ。

お腹のインナーマッスルが低下しているか確認する方法

お腹のインナーマッスルが低下しているか確認するには、プランクという筋トレをおこなえばいい。

プランクのやり方は、下の動画の通りだ。

プランクとは、お腹全体のインナーマッスルを鍛える筋トレだ。

プランクを30秒以上できないのであれば、お腹全体のインナーマッスルが低下しているということだ。そして、内臓の位置が下がっているのが原因で、お腹がぽっこりしているということなのだ。

骨盤が前傾しているか簡単に見分ける方法

骨盤が前傾しているかどうか見分けるには、目をつぶって、足踏みを50回すればいい。

骨盤が前傾するということは、前に歩きやすい姿勢ということだ。

そのため、目をつぶって足踏みをしたら、最初の位置から前進してしまうのだ。

5m以上前進しているのであれば、骨盤が前傾していることが原因で、お腹がぽっこりしている。

皮下脂肪がたるんでいるか見分ける方法

腹筋の筋力が低下することで、皮下脂肪がたるむ。

つまり、皮下脂肪がたるんでいるか見分けるには、腹筋の筋力が低下しているか見分ければいいのだ。

腹筋の筋力が低下しているか見分ける方法

腹筋の筋力が低下しているか見分けるには、水が満杯に入った2Lのペットボトルを持って、腹筋運動をできるか確認すればいい。

腹筋運動とは、下図のようなオーソドックスな腹筋トレーニングのことだ。

standard-abdominal-muscle-training

もし、水が満杯に入った2Lのペットボトルを持って、腹筋運動ができないのであれば、お腹がぽっこりしている原因は皮下脂肪のたるみだ。

下腹部に皮下脂肪が集中しているか見分ける方法

猫背だと、確実に皮下脂肪が下腹部に集中する。また、猫背以外の原因で、皮下脂肪は下腹部に集中しない。

つまり、皮下脂肪が下腹部に集中しているか見分けるには、猫背かどうかを見分ければいいのだ。

猫背かどうか簡単に見分ける方法

猫背かどうか見分けるには、リラックスした状態で、壁に背中をつけて、立てばいい。

猫背とは、背中が丸まった姿勢だ。

そのため、猫背なのであれば、リラックスした状態で、壁に背中をつけて立つと、壁に肩甲骨がつかないのだ。

リラックスした状態で、壁に背中をつけて立って、肩甲骨が壁につくか確かめてほしい。

肩甲骨が壁につかないのであれば、あなたは猫背だ。そして、ぽっこりお腹の原因は、下腹部に皮下脂肪が集中していることだ。

食べ物の消化不良かどうか簡単に見分ける方法

食べ物の消化不良が原因で、お腹がぽっこりしているということは、相当な量の食べ物が、常に体内に残っているということだ。

相当な量の食べ物が、常に体内に残っていると、下記の3つの症状が現れる。

  • 常に胃もたれしている
  • 食事前にお腹が減らない
  • 常に体が重い

上記3つの症状が全て現れているのであれば、食べ物が消化されていないのが原因で、お腹がぽっこりしている。

便秘かどうか簡単に見分ける方法

4日以上便秘が続くと、お腹がぽっこりしてくる。

つまり、お腹がぽっこりしている原因が便秘かどうか見分けるには、4日以上便秘が続いているか調べればいいのだ。

4日常便秘が続いているのであれば、便秘が原因でお腹がぽっこりしている。

4.ぽっこりお腹解消法の効果を最大化させるために守るべき3つのルール

本章で紹介する3つのルールとは、リンパの流れを良くするためのルールだ。

リンパの流れを良くすることで、「5.【6つの原因別】ぽっこりお腹解消法」で紹介するぽっこりお腹解消法の効果が最大化する。

その結果、たった2週間でぽっこりお腹が解消するのだ。

たった2週間でぽっこりお腹を解消するためにも、3つのルールを必ず守ってほしい。

ルール1:体を温める

体を温めると、体液の循環が良くなって、リンパの流れも良くなる。

具体的には、下記のことをおこなえば、体が温まる。

  • 暖かい飲み物を飲む
  • 靴下を履く
  • こまめに体を動かす

たった2週間でぽっこりお腹を解消するためにも、上記3つのことをおこなって、体を温めてほしい。

ルール2:禁酒

お酒を飲むと、体内の水分量が減少する。

そうなると、体液がドロドロになって、リンパの流れが悪くなってしまうのだ。

そのため、ぽっこりお腹解消法をおこなっている期間は、禁酒してほしい。

ルール3:1日1.5L以上の水分を摂取

1日1.5Lの水分を摂取することで、体内の水分量が十分に増える。

その結果、体液がサラサラになって、リンパの流れが良くなるのだ。

そのため、ぽっこりお腹解消法をおこなっている期間は、1日1.5L以上の水分を摂取してほしい。

注意点:
冷たい飲み物を飲まないでほしい。なぜならば、体が冷えて、リンパの流れが悪くなってしまうからだ。水分を摂取するときは、常温の飲み物または暖かい飲み物を飲むようにしてほしい。

5.【6つの原因別】ぽっこりお腹解消法

ぽっこりお腹の原因は、下記の6つだ。

  • 内臓の位置が下がる
  • 骨盤の前傾
  • 皮下脂肪のたるみ
  • 皮下脂肪が下腹部に集中
  • 食べ物が消化不良
  • 便秘

「4.ぽっこりお腹解消法の効果を最大化させるために守るべき3つのルール」で紹介した3つルールを守りながら、上記6つの原因別に解消法をおこなうと、たった2週間でぽっこりお腹が解消する。

ぜひ、実践して、たった2週間でぽっこりお腹を解消してほしい。

内臓の位置が下がっているのが原因のぽっこりお腹を解消する方法

お腹のインナーマッスルが衰えると、内臓の位置が下がる。

つまり、お腹のインナーマッスルをつければ、内臓の位置が元に戻って、ぽっこりお腹が解消するのだ。

お腹のインナーマッスルが衰えているか確認した方法と同様で、お腹のインナーマッスルをつけるには、プランクをやるのが効果的だ。

お腹のインナーマッスルをつけるのにプランクが効果的な理由

プランクは、お腹全体のインナーマッスルを使う筋トレだ。

筋肉を使う範囲が広い筋トレほど、当然増える筋肉量が多い。

つまり、プランクをおこなうと、お腹のインナーマッスルが多く増えるのだ。

そのため、お腹のインナーマッスルをつけるのに、プランクが効果的なのだ。

プランクのやり方

ここでは、プランクのやり方を詳しく説明する。

プランクのやり方は下の動画の通りだ。

プランクは、インターバル20秒で30秒×6セットおこなってほしい。

そうすることで、お腹のインナーマッスルがついて、内臓の位置が下がっているのが原因のぽっこりお腹が解消する。

なお、初めのうちは、30秒×6セットおこなうのは難しいかもしれない。その場合は、1セットあたりの秒数を減らして、合計3分になるようにプランクをおこなってほしい(ex. 15秒×12セット、30秒×3セット+15秒×6セット)。

※ プランクの効果を最大化させるポイントは、「ダイエット効果抜群のインナーマッスルの鍛え方」のフロントブリッジの鍛え方で説明している(プランクとフロントブリッジは同じ)。2週間で確実にぽっこりお腹を解消するためにも、ぜひ読んでほしい。

骨盤の前傾が原因のぽっこりお腹を解消する方法

骨盤の前傾が原因のぽっこりお腹を解消するのは非常に単純で、骨盤の位置を元に戻せば、ぽっこりお腹が解消する。

前傾している骨盤を、元の位置に戻すには、ヒップリフトをおこなうのが効果的だ。

骨盤を元の位置に戻すのにヒップリフトが効果的な理由

ヒップリフトとは、お尻全体のインナーマッスルを鍛える筋トレだ。

お尻全体のインナーマッスルを鍛えると、下図のように、お尻のインナーマッスルが、前傾している骨盤を反時計周りに押し出す。その結果、前傾している骨盤が、元の位置に戻るのだ。

そのため、前傾している骨盤を、元の位置に戻すのには、ヒッピリフトが効果的なのだ。

ヒップリフトのやり方

ヒップリフトのやり方は、下の動画の通りだ。

下の動画を見て、やり方をマスターしてほしい。

ヒップリフトは、インターバル30秒で、30回×3セットおこなってほしい。

そうすることで、お尻のインナーマッスルがついて、骨盤が前傾しているのが原因のぽっこりお腹が解消する。

※ ヒップリフトの効果を最大化させるポイントは、「ダイエット効果抜群のインナーマッスルの鍛え方」のヒップリフトの鍛え方で説明している。2週間で確実にぽっこりお腹を解消するためにも、ぜひ読んでほしい。

皮下脂肪のたるみが原因のぽっこりお腹を解消する方法

お腹の皮下脂肪がたるむ原因は、腹筋の低下だ。

つまり、腹筋を増加させれば、お腹の皮下脂肪のたるみがなくなって、ぽっこりお腹が解消するのだ。

腹筋を増加させるには、重りを持って、下図のようなオーソドックスな腹筋運動をするのが効果的だ。

standard-abdominal-muscle-training
注1.詳しくは後述するが、持つ重りの重量は、人によって異なる。
注2.重りの代わりに、水の入ったペットボトルを使っても問題ない。

重りを持って腹筋運動をするのが効果的な理由

重りを持って腹筋運動をするということは、負荷が強い腹筋のトレーニングをするということだ。

負荷が強い筋トレをおこなうと、増加する筋肉量が多い。

つまり、重りを持って、腹筋運動をすると、増加する腹筋の量が多いのだ。

そのため、重りを持って、腹筋運動をするのが、腹筋を増加させるのに効果的なのだ。

効率的に腹筋が増加する重りの重量

1セットあたり10回が限界の負荷をかけて筋トレをすると、最も効率的に筋肉が増える。

つまり、1セットあたり10回が限界の重りを持って、腹筋運動をすれば、効率的に腹筋が増加するのだ。

1セットあたり10回が限界になるように、重りの重量を調整して、腹筋運動をおこなってほしい。

効率的に腹筋が増加する腹筋運動の回数

腹筋運動は、インターバル1分で、10回×3セットおこなってほしい。

腹筋運動を10回×3セットおこなうことで、腹筋に最大の負荷がかかる。

腹筋に最大の負荷がかかると、当然増加する腹筋の量も最大になる。

そのため、腹筋運動は、インターバル1分で、10回×3セットおこなってほしいのだ。

皮下脂肪が下腹部に集中しているのが原因のぽっこりお腹を解消する方法

下記の2つをおこなえば、皮下脂肪が下腹部に集中しているのが原因のぽっこりお腹が解消する。

  • 猫背を治す
  • リンパの流れを良くする

皮下脂肪が下腹部に集中している原因は、猫背だ。つまり、猫背を治せば、皮下脂肪が下腹部に集中しなくなる。

そして、リンパの流れを良くすることで、下腹部に集中していた皮下脂肪が、別の箇所に分散する。

その結果、皮下脂肪が下腹部に集中しているのが原因のぽっこりお腹が解消するのだ。

繰り返しになるが、「4.ぽっこりお腹解消法の効果を最大化させるために守るべき3つのルール」で紹介した3つのルールとは、リンパの流れを良くするためのルールだ。

3つのルールを守っておけば、勝手にリンパの流れは良くなる。

つまり、猫背を治せば、皮下脂肪が下腹部に集中しているのが原因のぽっこりお腹が解消するのだ。

猫背を治す方法

猫背を治すには、背中の真ん中を鍛えれば良い。

cure-slouching-muscle

背中の真ん中を鍛えることで、背筋が立った姿勢を保ちやすくなる。

その結果、背中が丸まらなくなって、猫背が治るのだ。

背中の真ん中を鍛えるのに効果的な筋トレ

背中の真ん中を鍛えるには、下の動画の背筋トレーニングをおこなうのが効果的だ。

この背筋トレーニングは、インターバル30秒で、30回×3セットおこなってほしい。

そうすることで、背中の真ん中が鍛えられて、猫背が改善する。

食べ物の消化不良が原因のぽっこりお腹を解消する方法

食べ物の消化不良が起こる原因は、加齢によって胃腸の働きが悪くなったことだ。

つまり、胃腸の働きを良くすれば、食べ物の消化不良は起こらなくなる。

胃腸の働きを良くするには、心拍数が上がる運動を、週2回おこなうのが効果的だ。

心拍数が上がる運動を週2回のおこなうのが効果的な理由

心拍数が上がる運動をすると、心臓が大量の血液を体に流す。

体に大量の血液が流れると、当然血液の循環が良くなる。内臓に流れる血液の循環も良くなって、胃腸の働きが良くなるのだ。

そして、一度胃腸の働きが良くなったら、胃腸の働きが良い状態が、3〜4日続く。

つまり、心拍数が上がる運動を週2回おこなえば、常に胃腸の働きが良い状態を保てるのだ。

そのため、胃腸の働きを良くするには、心拍数が上がる運動を、週2回おこなうのが効果的なのだ。

効率的に心拍数が上がる運動のやり方

下記2つの運動をおこなうと、効率的に心拍数が上がる。

  • ランニング3km
  • 階段ダッシュ3本

ランニング3kmすることで、ある程度まで心拍数が上がって、心拍数が限界まで上がる準備ができる。

その後、階段ダッシュを3本することで、限界まで心拍数が上がるのだ。

そのため、上記2つの運動をおこなうと、効率的に心拍数が上がるのだ。

便秘が原因のぽっこりお腹を解消する方法

適量の食物繊維を摂取することで、便秘が原因のぽっこりお腹は解消する。

適量の食物繊維を摂取すると、腸の動きが活発になる。

その結果、便通が良くなって、便秘が改善するのだ。

便秘が改善すれば、当然便秘が原因のぽっこりお腹は解消する。

そのため、適量の食物繊維を摂取することで、便秘が原因のぽっこりお腹は解消するのだ。

まとめ.確実に2週間でぽっこりお腹は解消する

本記事で説明したぽっこりお腹解消法をおこなえば、確実に2週間でぽっこりお腹が解消する。最後にやるべきことをもう一度確認しておこう。

やるべきこと1:ぽっこりお腹の原因を見分ける
ぽっこりお腹の原因は、次の6つだ。
原因1:内臓の位置が下がる
原因2:骨盤の前傾
原因3:皮下脂肪のたるみ
原因4:皮下脂肪が下腹部に集中
原因5:食べ物が消化不良
原因6:便秘
2週間でぽっこりお腹を解消するには、原因別にぽっこりお腹解消法をおこなわなくてはいけない。そのため、正確にぽっこりお腹の原因を見分けてほしい。

やるべきこと2:3つのルールを守る
3つのルールとは、下記の通りだ。
ルール1:体を温める
ルール2:禁酒
ルール3:1日1.5L以上の水分を摂取
上記3つのルールを守ることで、リンパの流れが良くなる。その結果、ぽっこりお腹解消法の効果が最大化して、より短期間でぽっこりお腹が解消するのだ。

やるべきこと3:原因別にぽっこりお腹解消法をおこなう
原因ごとに、効果的なぽっこりお腹解消法が違う。原因別にぽっこりお腹解消法をおこなうことで、短期間でぽっこりお腹が解消するのだ。

3つのルールを守ることが面倒だと感じるかもしれない。しかし、ぜひ本記事で説明した方法で、ぽっこりお腹を解消してほしい。

3つのルールを守りながら、原因別にぽっこりお腹解消法をおこなえば、お腹がみるみるへこんでいって、たった2週間で確実にすっきりお腹を取り戻せる。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です