ダイエットを確実に成功させるための効果的なチートデイのやり方

success-2
Pocket
LINEで送る

あなたは今、特別な想いを持ってダイエットをしているのではないだろうか?

そして現在、停滞期に陥っていて、チートデイをおこなって、停滞期を乗り越えようとしているのではないだろうか?

間違ったやり方でチートデイをおこなってしまうと、いつまで経っても停滞期を乗り越えられない。そして、停滞期を乗り越えられなければ、次第にモチベーションを失っていって、最終的にはリバウンドしてしまう。

そういった事態を回避するためには、正しいやり方でチートデイをおこなわなくてはいけない。

本日は、ダイエットを確実に成功させるための効果的なチートデイのやり方を紹介する。

本記事で紹介するやり方でチートデイをおこなえば、停滞期を確実に乗り越えられて、停滞期後は順調に体重が落ちていく。

ダイエットを確実に成功させるためにも、ぜひ実践してほしい。

目次

1.本記事で紹介するやり方でチートデイをおこなったときの成果

本記事で紹介するやり方でチートデイをおこなった人の体重推移グラフを見てほしい。

なお、グラフはチートデイ15日前〜チートデイ15日後の体重推移を示している。

1人目:
cheatday-success-bodyweight-data-2

2人目:
cheatday-success-bodyweight-data-3

3人目:
cheatday-success-bodyweight-data-6

上記3つのグラフの通り、本記事で紹介するやり方でチートデイをおこなった人は、停滞期を乗り越えて、その直後から順調に体重が落ちている。

2.間違ったやり方でチートデイをおこなったときの成果

間違ったやり方でチートデイをおこなった人の体重推移グラフを見てほしい。

なお、グラフはチートデイ15日前〜チートデイ15日後の体重推移を示している。

1人目:
cheatday-failure-bodyweight-data-3

2人目:
cheatday-failure-bodyweight-data-1

3人目:
cheatday-failure-bodyweight-data-4

上記3つのグラフの通り、間違ったやり方でチートデイをおこなった人は、停滞期を乗り越えられていない。

また、3人中2人は、モチベーションを失ってしまい、リバウンドしてしまったのだ。

3.チートデイとは

チートデイとは、大量のカロリーを摂取して、脳に「餓死しない」と思わせる行為だ。

過度なダイエットをすると、「餓死する」と脳が勘違いをする(これを飢餓状態という)。餓死しないために、体が栄養を蓄えるようになって、どれだけダイエットをしても、体重が落ちなくなる(これを停滞期という)。

チートデイをおこなって、脳に「餓死しない」と思わせることで、飢餓状態から抜け出して、再び体重が落ちるようになるのだ。

4.チートデイをおこなうべき人

停滞期には、下記の4つの原因がある。

  • 体内水分量の上昇
  • 基礎代謝の低下
  • 飢餓状態
  • 生理周期

チートデイをおこなうべきなのは、停滞期の原因が飢餓状態の人のみだ。

「2.チートデイとは」で説明した通り、チートデイとは、大量のカロリーを摂取して、脳に「餓死しない」と思わせる行為だ。

そのため、飢餓状態が原因の停滞期であれば、チートデイをおこなうと、停滞期を乗り越えられる。

しかし、飢餓状態以外の原因の停滞期は、そもそも脳が「餓死する」と勘違いしていない。チートデイをおこなって、脳に「餓死しない」と思わせても、意味がないのだ。

したがって、チートデイで乗り越えられるのは、飢餓状態が原因の停滞期のみなのだ。

※ 停滞期の原因の見分け方は、「ダイエット停滞期の乗り越え方」で説明しているので、そちらを参照してほしい。
 
※ 以降の説明で出てくる「停滞期」とは、飢餓状態が原因の停滞期のことを指す。

5.ダイエットを確実に成功させるための効果的なチートデイのやり方とは

ダイエットを確実に成功させるための効果的なチートデイのやり方とは、下記の2種類のルールを守って、チートデイをおこなうことだ。

  • 脳に「餓死しない」と強く思わせるための3つの食事のルール
  • 停滞期後の食欲を抑えるための2つのルール

脳に「餓死しない」と強く思わせるための3つの食事のルールを守って、チートデイをおこなうことで、停滞期を確実に乗り越えられるようになる。

そして、停滞期後の食欲を抑えるための2つのルールを守って、チートデイをおこなうことで、停滞期後体重が順調に落ちていくのだ。

そのため、上記2つを守って、チートデイをおこなうと、ダイエットが確実に成功するのだ。

3つの食事のルールを守ってチートデイをおこなうと停滞期を確実に乗り越えられる理由

繰り返しになるが、チートデイをおこなって、脳に「餓死しない」と思わせることで、停滞期を乗り越えられる。

つまり、脳が「餓死しない」と強く思うようなチートデイをおこなえば、停滞期を確実に乗り越えられるのだ。

3つの食事のルールとは、脳に「餓死しない」と強く思わせるためのルールだ。

そのため、3つの食事のルールを守って、チートデイをおこなうと、停滞期を確実に乗り越えられるのだ。

2つのルールを守ってチートデイをおこなうと停滞期後体重が順調に落ちていく理由

チートデイをおこなって、停滞期を乗り越えた後は、今まで通りのダイエットメニューを食べ続ければ、体重は順調に落ちていく。

しかし、チートデイをおこなうと、胃袋が大きくなってしまう。チートデイ後、食欲を抑えられなくなって、つい食べ過ぎてしまうのだ。そうなると、体重は順調に落ちていかない。

2つのルールとは、停滞期後の食欲を抑えるためのルールだ。

2つのルールを守ることで、停滞期後の食べ過ぎを防止できる。今まで通りのダイエットメニューを食べ続けられるようになって、体重が順調に落ちていくのだ。

そのため、2つのルールを守って、チートデイをおこなうと、停滞期後体重が順調に落ちるのだ。

6.脳に「餓死しない」と強く思わせるためのチートデイの3つのルール

脳に「餓死しない」と強く思わせるための3つのルールを守って、チートデイをおこなうと、停滞期を確実に乗り越えられる。

停滞期を確実に乗り越えるためにも、ぜひ3つのルールを守って、チートデイをおこなってほしい。

ルール1:摂取カロリー>基礎代謝×3

チートデイでは、基礎代謝×3(kcal)のカロリーを摂取してほしい。

脳に「餓死しない」と強く思わせるには、大量のカロリーを摂取しなくてはいけない。

基礎代謝×3(kcal)のカロリーを摂取することで、摂取カロリーが最低でも2,000kcalを超えるため、大量のカロリーを摂取したと言える。

そのため、チートデイでは、基礎代謝×3(kcal)のカロリーを摂取してほしいのだ。

※ 食事別の摂取カロリーは、簡単!栄養andカロリー計算さんの「食事別摂取カロリー一覧」に載っている。そちらを参考にして、「摂取カロリー>基礎代謝×3」になるように、カロリーを摂取してほしい。
 
※ 基礎代謝の計算式
「基礎代謝=665+9.6×体重(kg)+1.7×身長(cm)−7.0×年齢」

ルール2:摂取カロリーの70%以上を炭水化物にする

脳が「餓死する」と感じる原因は、エネルギー不足だ。

言い換えれば、エネルギーを大量に供給すれば、脳は「餓死しない」と強く思うのだ。

エネルギーの元は、アミノ酸である。そして、アミノ酸の元となっているのが、炭水化物だ。

つまり、炭水化物を大量に摂取すれば、脳は「餓死しない」と強く思うのだ。

そのため、チートデイでは、摂取カロリーの70%以上を炭水化物にしてほしいのだ。

※ 摂取カロリーのうち炭水化物が占める割合を100%に近づけてほしい。そうすることで、より多くのエネルギーが体に供給されて、脳は「餓死しない」とより強く思う。

ルール3:チートデイ当日の計画を立てる

本章で説明した下記の2つのルールを守って、チートデイをおこなうのは、非常に難しい。

  1. 摂取カロリー>基礎代謝×3
  2. 摂取カロリーの70%以上を炭水化物にする

理由は、下記の通りだ。

  • 摂取カロリー>基礎代謝×3を守るのが難しい理由:基礎代謝×3(kcal)は非常に多い(1日の推奨摂取カロリーの2倍)
  • 摂取カロリーの70%以上を炭水化物にするのが難しい理由:どうしてもおかずを食べ過ぎてしまう

チートデイ当日の計画を立てることで、「高カロリーなものを食べる」「不用意におかずを食べない」を徹底できる。その結果、本章で説明した2つのルールを守って、チートデイをできるようになるのだ。

そのため、チートデイ当日の計画を立ててほしいのだ。

チートデイ当日の計画の立て方

次の手順で、チートデイ当日の計画の立てるのがいいだろう。

手順1:食事メニューを決める

本章で説明した下記の2つのルールを守れるように、食事メニューを考えてほしい。

  1. 摂取カロリー>基礎代謝×3
  2. 摂取カロリーの70%以上を炭水化物にする
手順2:食事の時間を決める

考えた食事メニューを全て食べきれるように、何時に何を食べるのか決めてほしい。

この手順で、チートデイ当日の計画を立てることで、本章で説明した2つのルールを守って、チートデイをおこなえる計画が立つ。

7.停滞期後の食欲を抑えるためのチートデイの2つのルール

停滞期後の食欲を抑えるための2つのルールを守ることで、停滞期後に体重が順調に落ちるようになる。

ダイエットを成功させるにも、ぜひ2つのルールを守って、チートデイをおこなってほしい。

ルール1:チートデイは就寝3時間前まで

胃に入った食べ物は、長くても3時間で消化する。

つまり、チートデイを就寝3時間前に終わらせることで、胃に食べ物が入っていない状態で睡眠できるのだ。

胃に食べ物が入っていない状態で睡眠を取ると、胃が収縮して、翌日の食欲を抑えられる。

そのため、チートデイは就寝3時間前までにしてほしいのだ。

ルール2:チートデイは1日だけ

チートデイを長く続けるほど、胃袋が大きい状態に慣れて、食欲が増大する。

そういった事態を回避するためには、チートデイの期間を短くしなければいけないのだ。

「6.脳に「餓死しない」と強く思わせるためのチートデイの3つのルール」で説明した3つのルールを守ってチートデイをおこなえば、1日のチートデイで、確実に停滞期を乗り越えられる。

そのため、チートデイは1日だけにしてほしいのだ。

まとめ.5つのルールを必ず守ってチートデイをおこなう!

本記事で紹介した合計5つのルールを守って、チートデイをおこなえば、停滞期を確実に乗り越えられて、停滞期後も体重が順調に落ちていく。最後に5つのルールをもう一度確認しておこう。

1.脳に「餓死しない」と強く思わせるための3つの食事のルール
ルール1:摂取カロリー>基礎代謝×3
ルール2:摂取カロリーの70%以上を炭水化物にする
ルール3:チートデイ当日のルールを立てる

2.停滞期後の食欲を抑えるための2つのルール
ルール1:チートデイは就寝3時間前まで
ルール2:チートデイは1日だけ

チートデイ当日の計画を立てなくてはいけないことが、面倒だと感じるかもしれない。しかし、本記事で紹介した合計5つのルールを守って、チートデイをおこなってほしい。

そうすることで、停滞期を確実に乗り越えられて、停滞期後も体重が順調に落ちていき、ダイエットは成功する。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です