1ヶ月で誰もが羨む綺麗なお腹に!効率的なお腹の皮下脂肪の落とし方

beautiful-waist-2
Pocket
LINEで送る

あなたは最近、友人から「太った?」と言われる回数が増えて、その度に腹が立っているのではないだろうか?そして、自分の体をよく見たら、明らかに前よりも、お腹に脂肪がついていることに気付いたのではないだろうか?

その理由は簡単で、あなたが今まで、お腹に脂肪がつかないための努力を一切してこなかったからだ。

25歳を過ぎると、「筋力の低下」「食べ過ぎ」といった理由から、お腹に皮下脂肪がつきやすくなる。そして、何も策を講じないのであれば、一度お腹についた皮下脂肪は落ちない。

しかし、安心してほしい。最近、お腹に脂肪がついたと気付いた程度であれば、余裕で元に戻せる。

むしろ、しっかりとケアをすれば、誰もが羨む綺麗なお腹を手に入れられる。

本日は、たった1ヶ月でお腹の脂肪を落とす効率的な方法を説明する。

ぜひ、今日から実践して、誰もが羨む綺麗なお腹を手に入れてほしい。

目次

1.お腹に皮下脂肪がつく2つの原因

あなたは既に、お腹に皮下脂肪がつく原因を知っているかもしれない。

しかし、以後の内容をしっかりと理解する上で、原因を知っておくことは非常に重要だ。「もう知っている」と思っても、再確認のために、本章に目を通してほしい。

「摂取カロリー>消費カロリー」となったら、お腹に皮下脂肪がつく。

つまり、「摂取カロリー>消費カロリー」となる原因が、お腹に皮下脂肪がつく原因なのだ。

お腹に皮下脂肪がつく原因は2つだ。

原因1:食べ過ぎ

食べ過ぎると、当然、摂取カロリーが高くなる。

「摂取カロリー>消費カロリー」となってしまって、お腹に皮下脂肪がついてしまうのだ。

そのため、食べ過ぎると、お腹に皮下脂肪がつくのだ。

※ ここでいう「食べ過ぎ」とは、消費カロリーを上回るほどの食事を食べるということだ。

原因2:筋力の低下

筋力が低下すると、基礎代謝が低下する。

「消費カロリー=基礎代謝+運動」だ。

基礎代謝が低下すると、消費カロリーが下がるのだ。

「摂取カロリー>消費カロリー」となってしまって、お腹に皮下脂肪がついてしまうのだ。

そのため、筋力が低下すると、お腹に皮下脂肪がつく。

重要:運動不足はお腹に皮下脂肪がつく原因ではない
5kmランニングしても、カロリー消費は250kcalしかない(ご飯一杯分)。カロリー消費量があまりに少ないので、運動不足はお腹に皮下脂肪がつく原因ではないのだ。

2.たった1ヶ月でお腹の皮下脂肪を落とすには

下記の3つをおこなえば、たった1ヶ月でお腹の皮下脂肪が落ちる。

  • お腹のインナーマッスルを鍛える
  • お腹のリンパマッサージをする
  • 3つの食事ルールを守る

上記3つはそれぞれ、お腹の皮下脂肪を効率的に落とす方法だ。

そのため、上記3つを全ておこなえば、超効率的にお腹の皮下脂肪が落ちて、たった1ヶ月で誰もが羨む綺麗なお腹を手に入れられるのだ。

お腹のインナーマッスルを鍛えると効率的にお腹の皮下脂肪が落ちる理由

お腹のインナーマッスルは、最も大きな筋肉のため、一回の筋トレで増加する筋肉量も多い。

筋肉が増加すると、基礎代謝が上がる。

つまり、お腹のインナーマッスルを鍛えると、効率的に基礎代謝が上がるのだ。

「消費カロリー=基礎代謝+運動」だ。

効率的に基礎代謝が上がれば、消費カロリーも効率的に上がる。

そして、消費カロリーが上がるほど、当然、燃焼するお腹の皮下脂肪も多くなる。

そのため、お腹のインナーマッスルを鍛えると、効率的にお腹の皮下脂肪が落ちるのだ。

重要:運動をしても効率的に皮下脂肪は落ちない
「1.お腹に皮下脂肪がつく2つの原因」の最後で説明した通り、カロリー消費量があまりに少ない。そのため、運動をしても皮下脂肪は効率的に落ちないのだ。

お腹のリンパマッサージをすると効率的にお腹の皮下脂肪が落ちる理由

お腹のリンパマッサージをすれば、当然、お腹のリンパの流れが良くなる。

リンパの流れによって、皮下脂肪は体外に排出される。

つまり、お腹のリンパの流れが良くなるほど、お腹の皮下脂肪は体外に排出されやすくなるのだ。

そのため、お腹のリンパマッサージをすると、効率的にお腹の皮下脂肪が落ちるのだ。

3つの食事ルールを守ると効率的にお腹の皮下脂肪が落ちる理由

3つの食事ルールとは、脂肪燃焼効率を最大化するためのルールだ。

脂肪燃焼効率を最大化することで、「お腹のインナーマッスルのトレーニング」と「お腹のリンパマッサージ」による皮下脂肪を落とす効果が最大化する。その結果、効率的に皮下脂肪が落ちるようになるのだ。

そのため、3つの食事のルールを守ると、効率的に皮下脂肪が落ちるのだ。

本章で説明した通り、下記の3つはそれぞれ、効率的にお腹の皮下脂肪を落とす方法だ。

  • お腹のインナーマッスルを鍛える
  • お腹のリンパマッサージ
  • 3つの食事ルールを守る

そのため、上記3つを全ておこなうと、たった1ヶ月でお腹の皮下脂肪が落ちるのだ。

3.お腹の皮下脂肪が効率的に落ちるお腹のインナーマッスルの鍛え方2選

広い範囲を鍛えられるトレーニングをした方が、当然、増える筋肉量が多い。そして、増える筋肉量が多いほど、基礎代謝は上がって、効率的に皮下脂肪が落ちる。

つまり、広い範囲でお腹のインナーマッスルを鍛えられる筋トレをすると、より効率的にお腹の皮下脂肪が落ちるのだ。

本章では、広い範囲でお腹のインナーマッスルを鍛えられる筋トレを、2つ紹介する。

紹介する2つの筋トレは、両方とも広い範囲でお腹のインナーマッスルを鍛えられるので、増加するインナーマッスルの量に大差はない。

そのため、あなたの好みの方を選んで、実践してほしい。

鍛え方1:フロントブリッジ

フロントブリッジとは、下図の箇所のインナーマッスルを鍛える筋トレだ。

engage-frontbridge

上図のように、お腹のインナーマッスルを広い範囲で鍛えられるため、効率的に基礎代謝が上がって、効率的にお腹の皮下脂肪が落ちるのだ。

フロントブリッジのやり方

フロントブリッジのやり方は、下の動画の通りだ。

フロントブリッジは、インターバル30秒で1分×3セットおこなってほしい。

そうすることで、効率的にお腹のインナーマッスルが増えていく。

なお、最初のうちは、1分×3セットおこなえないかもしれない。そういった場合は、1セットあたりの時間を減らして、合計3分おこなってほしい(ex.30秒×6セット、45秒×4セット)

※ フロントブリッジの効果を最大化するためのポイントを、「ダイエット効果抜群のインナーマッスルの鍛え方」で説明している。より効率的にお腹の皮下脂肪を落とすためにも、ぜひ目を通してほしい。

鍛え方2:ニートゥチェスト

ニートゥチェストとは、下図の箇所のインナーマッスルを鍛える筋トレだ。

engage-knee-to-chest

上図のように、広い範囲でお腹のインナーマッスルを鍛えられるため、効率的にお腹の皮下脂肪が落ちるのだ。

ニートゥチェストのやり方

ニートゥチェストのやり方は、下の動画の通りだ。

ニートゥチェストは、インターバル45秒で15回×3セットおこなってほしい。

そうすることで、効率的にお腹のインナーマッスルが増えていく。

※ ニートゥチェストの効果を最大化するためのポイントを、「ダイエット効果抜群のインナーマッスルの鍛え方」で説明している。より効率的にお腹の皮下脂肪を落とすためにも、ぜひ参考にしてほしい。

4.お腹の皮下脂肪が効率的に落ちるリンパマッサージ法

お腹のリンパマッサージをすると、お腹の皮下脂肪が体外に排出されやすくなって、お腹の皮下脂肪が効率的に落ちる。

それでは、具体的にどのようなやり方でマッサージをすればいいのか説明する。

お腹のリンパマッサージのやり方

お腹のリンパマッサージのやり方は、下の動画の通りだ。

このリンパマッサージを、1日10分おこなってほしい。

そうすることで、お腹のリンパの流れが良くなって、お腹の皮下脂肪が排出されやすくなる。

お腹のリンパマッサージの効果を最大化させるポイント

お腹のリンパマッサージは、お風呂上りにおこなうと、効果が最大化する。

お風呂上りは、体温が上がって、リンパの流れが良くなる。

リンパの流れが良い状態で、リンパマッサージをおこなうと、さらにリンパの流れが良くなって、お腹の皮下脂肪が一層排出されやすくなるのだ。

そして、リンパの流れが良くなるほど、リンパの流れが良い状態の継続時間が長い。

そのため、お腹のリンパマッサージは、お風呂上りにおこなうと、効果が最大化する。

5.脂肪燃焼効率が最大化する3つの食事ルール

3つの食事ルールを守ることで、脂肪燃焼効率が最大化する。

その結果、「お腹のインナーマッスルのトレーニング」と「お腹のリンパマッサージ」による皮下脂肪を落とす効果が最大化して、効率的にお腹の皮下脂肪が落ちる。

それでは、具体的にどういったルールなのか説明していく。

ルール1:糖質を40%カット

エネルギーを使うとき、「筋肉の糖分→内臓脂肪→皮下脂肪」の順番で燃焼する。

見て分かる通り、皮下脂肪が燃焼するのは最後だ。

糖質制限をすることで、筋肉の糖分が減って、皮下脂肪が燃焼し始めるのが早くなる。その結果、燃焼する皮下脂肪の量が多くなるのだ。

しかし、糖質を100%カットしてしまうと、エネルギーが不足しすぎてしまって、お腹のインナーマッスルの筋トレの効率が悪くなる。効率的にお腹のインナーマッスルが増えていかなくて、皮下脂肪も効率的に燃焼していかないのだ。

そういった事態を回避しながら、効率的にお腹の皮下脂肪を落とすには、糖質を40%カットするのがいい。

糖質40%カットであれば、十分なエネルギーを補給できるため、お腹のインナーマッスルの筋トレの効率は変わらない。

また、皮下脂肪が燃焼し始めるのも早い。

そのため、効率的にお腹の皮下脂肪を落とすには、糖質を40%カットするのがいいのだ。

具体的には、下記の3つをおこなってほしい。

  • 毎食の炭水化物の量を30%減らす
  • お菓子とスイーツを食べない
  • 甘い飲み物を飲まない

上記3つをおこなえば、確実に糖質を40%カットできる。

ぜひ実践して、効率的にお腹の皮下脂肪を落としてほしい。

ルール2:1日65gのタンパク質摂取

筋肉をつけるには、タンパク質が必要不可欠だ。

タンパク質をしっかりと摂取することで、効率的に筋肉がつく。

女性が1日に摂取できるタンパク質の量は、65gだ。

つまり、1日65gのタンパク質を取っておけば、効率的にお腹のインナーマッスルがつくのだ。

ぜひ1日65gのタンパク質を摂取して、効率的にお腹のインナーマッスルをつけてほしい。

※食品別のタンパク質含有量は、簡単!栄養andカロリー計算さんの「たんぱく質含有量一覧」に載っている。そちらを参考にして、タンパク質の摂取量が1日65gになるように調整してほしい。

ルール3:基礎代謝×1.6>摂取カロリー

どれだけ、お腹のインナーマッスルを鍛えたり、お腹のリンパマッサージをしたりしても、「摂取カロリー>消費カロリー」だったら、皮下脂肪は落ちない。

皮下脂肪を落とすためには、最低でも「消費カロリー>摂取カロリー」にしなくてはいけないのだ。

ランニングやウォーキングといった運動をしない限り、「消費カロリー=基礎代謝×1.6」だ。

そのため、皮下脂肪を落とすためには、「基礎代謝×1.6>摂取カロリー」にしなくてはいけないのだ。

基礎代謝の計算式
「基礎代謝=665+9.6×体重(kg)+1.7×身長(cm)−7.0×年齢」

まとめ.たった1ヶ月で確実にお腹の皮下脂肪は落ちる!

本記事で紹介した方法をおこなえば、たった1ヶ月で確実にお腹の皮下脂肪は落ちる。最後にもう一度やり方を確認しておこう。

1.お腹のインナーマッスルを鍛える
効率的なお腹のインナーマッスルの鍛え方は、下記の2つだ。
鍛え方1:フロントブリッジ
鍛え方2:ニートゥチェスト
上記2つの中から、あなたが好きな鍛え方を選んで、お腹のインナーマッスルを鍛えてほしい。そうすることで、基礎代謝が上がって、効率的にお腹の皮下脂肪が落ちる。

2.お腹のリンパマッサージをおこなう
お腹のリンパマッサージをおこなうことで、お腹の皮下脂肪が体外に排出されやすくなる。その結果、効率的にお腹の皮下脂肪が落ちるようになるのだ。

3.3つの食事ルールを守る
3つの食事ルールとは、下記の通りだ。
ルール1:糖質を40%カット
ルール2: 1日65gのタンパク質摂取
ルール3:基礎代謝×1.6>摂取カロリー
上記3つの食事ルールを守ることで、「お腹のインナーマッスルの筋トレ」と「お腹のリンパマッサージ」による皮下脂肪を落とす効果が最大化する。その結果、効率的にお腹の皮下脂肪が落ちるようになるのだ。

3つの食事ルールを守るのが面倒だと感じるかもしれない。しかし、本記事で紹介したやり方で、お腹の皮下脂肪を落としてほしい。

3つのルールを守りながら、「お腹のインナーマッスルの筋トレ」と「お腹のリンパマッサージ」をおこなえば、お腹の皮下脂肪がみるみる落ちていって、たった1ヶ月で確実に誰もが羨む綺麗なお腹が手に入る。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です